上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひとりさまのあったか1ヶ月食費2万円生活

webで見ていて、なかなかの内容だったのでAmazonで買いました。
節約というほどキリキリしていないし、とてもシンプルでゆるく誰でも真似できそうな生活システムなので、いくつかは我が家にも取り入れることにしました。

なかでも良いなと思ったのが、買い物をしたレシートを在庫管理に活用するというやり方です。
レシートは、家計簿とかに記入した後は、たいていがポイッと捨てちゃうんですけど、こういう使い方もあるのかと、目からウロコでした。
最近のレシートは、昔と違って、きっちりと品名が印刷されているので、実にわかりやすいですよね。
一週間分の食費予算を決めて、献立を決めて買い物をする、ここまではよくあるやり方です。
手帖にその買い物をしたレシートをクリップ止めして、使ったら消し線を入れるというところが、なるほど!と思いました。

冷蔵庫にマグネットで食材シートを作って~ という方法もあります。
うちのようにポストイットで切れたものを書いて、冷蔵庫に貼っておくという手もあります。
どっちも正直めんどくさいw(おぃ
レシートなら、今週買ったものが一目瞭然だし、なにが残っているのか一目でわかります。
冷凍したら、消し線+冷 と記入しておくのだとか。

いやー、この方法なら、ほんとになにがあるのか一目でわかるのが良いやり方だと思います。


三五八漬けってご存じですか?

Wikipedia 三五八漬け

ちょっと前に大ブームだった塩麹の元になったものです。
我が家、昔からこれが好きで、胡瓜、大根、セロリ、ピーマン、人参、ラディッシュ、カブ、タケノコと、季節の移ろいとともに楽しんでいました。

最近は、この三五八漬けの床を使って、とりハムもどきなんぞもよく作ります。
1.とりのむね肉をジップロックに入れて、三五八漬けの床をお玉一杯、だーっと入れます。仕上げに醤油を大さじ1杯加えて、封をして軽く揉み込んでから冷蔵庫で3日ほど寝かせます。
2.4日目に取り出して、軽く水洗いして三五八漬けの床を洗い流し、フリーザーバッグもついでに軽く洗います。
3.お湯を1リットル沸かし、沸き立ての熱湯を炊飯器に入れてとり胸肉入りのフリーザーバッグを入れて、保温で40分、取り消しで電源を切って20分、そのまま放置するだけです。

鳥ハムは、ちゃんと丸くなるように整形するのですが、めんどくさいのでそのままの状態ですw
あとは、肉を取り出して、食べやすい形に切ったら出来上がりです。
フリーザーバッグの中に鳥の煮汁が出ていますので、それは捨てずに小鍋に入れてお湯で伸ばし塩・胡椒で味を調えて、青ネギ、溶き卵を加えたらスープができあがります。

おなじやり方で、とり皮でも美味しいです。
脂臭さが抜けるので、そのまま肴になるし、玉ねぎ・玉子と一緒に親子丼ふうにもなります。
片栗粉と玉子をまぶしてからっと揚げてもいいです。
ワケギとか白ネギなんかといっしょに酢味噌和えにしてもいい。
昔ほどではないけど、とり皮は安いので、月1くらいの割合でよく使います。

三五八漬け、漬け物だけど和風サラダみたいで美味しいですよ。

料理の作り置き・食材の下ごしらえをまとめてしておくことは、時短と謳われていますが、総体的にみたらかかる時間そのものは同じだと思います。
時短というより、本当の効果は、食材を無駄なく使い切る ことと、計画的運用による食費の効率的な管理 なんじゃないかと思うようになりました。

そして、レシピ本や雑誌の記事などを参考に、いくつか自分なりのパターンで作り運用してみた結果ですが、完成品の料理としての作り置きは2日分が限度で、それを数日食べ続けるのはイヤになるということですw
リメイク可能な形での作り置きとか、食材の下ごしらえ状態が一番理想なんじゃないかと思います。
あと、冷蔵庫があるといっても、これからの季節、3日が限度と考えて運用するべきかと。
週の後半は冷凍運用が良さそうです。

そんなこんなで、我が家の定番になりつつある作り置き2品。
どちらも安めの挽肉を使ったものです。

挽肉(お好みで)+玉ねぎ+人参+キノコ(そのときの特売品とか)と市販のカレールーで、キーマカレーもどきを作って1食分ずつ冷凍しています。
そのままドライカレーふうにしたり、野菜ゴロゴロと煮込んで冷凍したキーマカレーもどきを伸ばせば普通のカレーに。
お昼に1人分だけのカレーとか気軽に食べられます。

トリ挽肉+玉ねぎ+人参+生姜少々を鶏ガラスープの素と水で煮て、醤油・みりん・酒でそぼろにします。
めんつゆでもOKです。
そのままご飯に乗せてもいいし、卵焼き、オムレツの具にしてもいい。
おにぎりの具にも美味しいです。
刻みネギと一緒にあんかけおかゆの具にも使えます。

ちなみに凍らせた豆腐をほぐして加えると、さらに安価にかさ増しできますw


「野崎洋光のたのしい缶詰レシピ 魚介類編」

買いました。

この本、冒頭に 

缶詰は、
下ごしらえや
下調理を
になってくれる料理人


という野崎さんのお言葉があります。
この考え方、ほんとうに目からウロコでした。

缶詰といえば、単に保存食、非常食程度の、どちらかというと貧しい方向の食事という古いイメージしか持っていなかったので、自分がいかに頭が固くて古くさい考えだったことかと、ちょっと凹みましたw

このレシピ、缶詰以外の食材は、入手が難しいような凝ったものはありません。
ごく普通の食材ばかりです。
調味料も、普通の家庭なら取りそろえているようなものばかりです。
そして作り方も、特別難しいことは書いてありません。
ごく一般的なレベルで家庭料理が作れるなら誰でも作れると思います。

いくつか作ってみたのですが、どれも美味しかったです。
料理研究家とプロの客相手の料理人の違いのようなものを感じましたw
(料理研究家をdisるつもりはありません)

一人とか二人とかの家族構成で、肉や魚をパックで買っても使い切れない・食べきるまでに悪くなるとか、なかなか買い物に行けないとかの場合、缶詰を活用するのはアリではないかと思います。

うちの母上も、年齢とともに食が細くなってきたので、料理の量の加減が難しくなってきました。
魚好きで肉もまあまあ食べますけど、基本、あまり脂っぽいのは嫌いという人なので、魚中心の献立なのですが、鮮魚売場のパックで買うと多すぎるし、処理しきれないし、季節によっては作り置きには向かないです。
缶詰だと量的な加減がしやすいうえに、生の魚から調理するのと違って料理のバリエーションが広いのが良いです。
あと、缶ゴミ以外の生ゴミがほぼ出ないのも良いですね!w

缶詰、見直しました!



17-0408 ホームベーカリー



17-0408 パン

念願のホームベーカリーを手に入れた。
難しいことはまだ無理である。
よって、食パンミックスで初焼き。
焼きたての熱々の端っこを、むしりむしりとつまみ食い。
香ばしくて美味しゅうございました。
ちっこい幸せ♪


NHKためしてガッテン 新生活に!時短に!「缶詰」おいしさ使いこなし

これ見ていました。
ただの保存食と思っていましたが、缶詰のほうが生の調理品より栄養価が高いというのには驚きました。
しかも、30年前の缶詰でも、膨らんでいたりしなければ食べられるとか……。
そういえば、最近の缶詰って、昔のものより美味しいですよねw

缶詰は非常食のストックとしていくつかありますが、欠点がひとつだけあって、缶ゴミがめんどくさいのですよねえ。
でも電気なしで長期間保存できるというのは、大きなメリットでもあるので、もう少しバリエーションを広げてもいいかなと思います。

一年の計は元旦にありとはいいますが、私の場合、だいたいが冬の間にもんもんと妄想するわけですw

今年、がんばりたいこと
●靴下編みをマスターしたい
●ホームベーカリーを購入したい
●本の残りのハードカバーの電子化(コミック、新書、文庫の電子化は終了)
●レシピ本の整理と自分の使い勝手の良いレシピシステムを作りたい
●アクリル毛糸の消費
●障子の張り替え(プラスチック障子紙)
●網戸の張り替え
●生活のシステム作り

こんな感じでしょうか。

片付けについては、これからどう生活するのか、どういうふうに生きたいのかというゴールイメージ次第でしょうか。
ものの持ち方も、自分なりになんとなく方向性が見えてきたのですが、今後のことを考えると徒歩圏内に店がない地域なので、いろいろと考えないといけないこともたくさんあります。
電気・ガス・水道以外のライフラインとしての物資の調達方法も、良いやり方があるのかと考えていこうと思います。

無理せず、無理なく 暮らすためには、そう出来るように環境を整えないといけないので、言葉は楽そうですが、それに到るまでのハードルは結構高いのかも……orz




17-0126 雪-01
台所から外を見る

17-0126 雪-02
別の角度から

このところの大寒波で一晩で1m近く積もったりしたので、連日の雪かき地獄な日々です。
ごらんの通り、積雪と屋根からの落雪で家全体がかまくら状態です。
ライフラインは、いまのところまだ大丈夫です。
年末に一冬ぶんくらいは買いだめしたので、あと一ヶ月くらいは食料品は大丈夫だと思います。

雪かきは、あとでまとめてやろうとすると大変なことになりますので、その都度、その都度、毎日やらないとだめなんです。
危ないと思ったときには、1日に2回くらいやったりします。
こうなると、本当にどうしようもない用事以外は出かけたくないのです。
冬は編みこもりですw

17-0126 編み物

仕事と家事と雪かきの合間をみて年末から編んでいたものたち。

フリンジつきのネックウォーマー
opalの残り糸に単色を足して腹巻き帽子
キットで買ったネックウォーマー(アスターステッチ)
ウエーブ編みのネックウオーマー(白いのもあるけど洗濯中)
大量のアクリル糸を円座にしようと研究中の物件

円座のほうは、ひたすらガーター編みなので飽きるんですよねえ……。
なんか早く簡単にできるアイテムとかないかなあ・
リズムニッターの太い糸版6本針とかあったら、多少高くても買うかも!
太い糸でのコードが作りたいので(大量のアクリル並太の消費)、クロバーのワンダーリリアンを買おうかなあと思っています。
リリアン編みって子どもの遊びのように思っていたのですが、クロバーの毛糸のリズムのような超極太になったり合太のように細くなったりするような毛糸でコードを作って、それをつなぎ合わせてストールにしたりするような使い方があるようです。
残り糸を太リリアンにしてとじ合わせたら、膝掛けとか暖かいものができそう。
あ、もちろん、棒針で編むコード編みはできるようになりましたが、あれは4目までが限界なのです。

現在は、マジックループで靴下編みの練習中ですw
五本指ソックスを愛用しているので、普通に素肌に履くソックスは編んでも使わないので、冬に五本指ソックスの上から重ね履きする靴下を編みたいのです。
並太で練習を兼ねての試作中なのです。

いろいろとショップを検索してみて思ったのですが、日本は編み物とか手芸の道具はすごく豊富なんですけど、材料の毛糸は種類が偏っているのかなあと。
靴下にむいているナイロン混紡の毛糸は、ほぼ輸入毛糸しかないのです。
しかも太めの糸はほとんど見かけません。
国産糸で靴下用ってあっても、ものすごく高いのですよねえ……。
もっと毛糸が安くならないかなあ。



illust161.png

あけまして
 おめでとうございます
  今年も ほどほどに良い年でありますように


無理なく、無理せず、でも努力は忘れずに頑張りたいと思います。
皆様にとっても、今年も良い年でありますように。



ここ十数年、ずっと枕ジプシー。
座布団+バスタオル
そば殻枕
低反発枕
いろいろと使ってみました。
ミニサイズのパイプビーズを詰め込んで自分サイズに調整できるものが一番最近のものでした。
それもヘタってきて、なんとなく寝心地がいまいち。

ネットの口コミ情報をいろいろと漁って、辿り着いたのがラテックスの枕。

COMAX 天然ラテックス高反発まくら/枕 肩こり防止/首保護枕 天然ゴム 枕

高いけど、自分への投資と思い切ってポチってみました。
この枕、「高反発枕」なのですが、固くはないのです。
マシュマロのような柔らかさで、ほどよく頭は沈みますがふよんふよんと気持ちのいい弾力があります。
仰向けでも横向きでも頭の収まりがいい。

気持ちがよかったので、うっかりとラテックスの掛け布団とマットレスも検索してしまいましたw
マットレスはともかく、

COMAX 正規品 天然ラテックス 掛け布団 ほこりが出にくい布団 薄い 天然ゴム

これに心惹かれてしまいました。

ラテックス製品は天日干しは厳禁のようで、しかもホコリが出にくい。
天然ゴムの性質から抗菌・防ダニというし、めんどうな天日干しが必要ないし、薄・軽・暖 という話。

いま使っている羽毛布団が10年以上20年未満なので、そろそろ買い換え時期なのではないかと思案しているところです。
ラテックスの掛け布団は、お手入れが楽そうなのと軽くて暖かいというのは魅力的です。
お値段的には良い羽毛布団にちょいプラスなお値段なのですが、十分に考慮の範囲内かなあと思います。
今年や来年には無理そうでも、候補としてチェックはしておこうかなと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。