上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岸部四郎の古書を「安値で売却」 「ミヤネ屋」風水企画が波紋

「家の中を模様替えして運気を上昇させるという風水の企画だった」そうですが、模様替えしただけで変わるものでしょうかねえ?
本人にとって好きで快適な状態に模様替えしたのなら、また別でしょうけど。

「間取りは悪くないけれど、使い方が悪い」と、家具の位置を変えるなどした。



住んでいる人のことを一切無視して、ただ「風水」の論理だけでやって、果たして住んでいる人にとって良い状態になるかどうか疑問ですねえ。

「本棚は風水的にその人の頭の中を意味する。読んでない古い本しか置いてない人は頭の中が古い知識しかない。その人の知識にはほこりがかぶっている」



本読みとしては、このあたりは承伏しかねますが、風水というのはそういう考え方なのでしょうか。

実は風水というのは、あまり関心がなくて、よく知らないのですが、風水の理論とはこういうようなものなのか、ちょっと引いてしまいました。

まあ、風水の理論がどうこうよりも、番組企画が「押しつけ」で「強引」にしか感じません。
いくら、良い考え方、教えでも、やり方によっては、不快感しか受けないという良い見本かもしれませんね。

自分も気をつけたいと思います。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/948-7588bb32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。