上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙モノには、この2年間、ずいぶんと悩まされました。
何度も何度も、やり方を変えてみたり、提案してみたり。

そこで、いくつか考えてみたのですが、紙ものというのは、文字通り「紙」媒体の情報なわけです。
分類と検討を繰り返した結果、いくつかのカテゴリーがあり、そのカテゴリー別に最適な収納方法や、運用方法が違うということです。

家庭に入ってくる紙ものの種類を、書き出してみると、

1 各種保険の証書、払い込み関係やその他のお知らせなど
2 購入した機器類などの取扱説明書(通称 取説)
3 学校、地域、自治体、会社などの行事イベントやお知らせなど
4 光熱水費や通信費(電話、携帯、ネット)の支払い請求書や、それに関するお知らせ
5 納税などに関するもの
6 クレジットカードなどの引き落とし通知書
7 通販などのカタログ
8 ダイレクトメール
9 私信などの郵便物
10 写真や映画・コンサートなどのパンフレットやチケット類
11 ショップカード、割引券など
12 新聞、雑誌、フリーペーパー、広報誌など

こんな感じでしょうか。

これを全部、取り出しやすく、使いやすいように分類収納することは、さすがに不可能に近いなあと思いました。

いろいろとあって、バラバラの用途、分類のものに思えますが、一つだけ共通する項目があります。

期限です。

どれにも家に置いておく「期限」があります。
支払い請求書には、「○月○○日までに!」という期限があります。
保険関係でも、払い込み期限がありますし、証書でも「解約するまで」という期限があります。

とっておく期限で分類してみると、

一週間以内
一ヶ月以内
それ以上

という3つくらいに分けられます。
もちろん、もっと細かくてもいいのですが、「それ以上」の部分を細かく分けても、あんまり意味がなかったので……w

結局、紙ものというのは、入ってきた段階で

●一ヶ月以内(あるいは数ヶ月先であっても、確実に期日が指定されているものも含む)に処理するべきもの(請求書、行事・イベントのお知らせ、提出書類)

●処理は当面必要ないけど、なにかあったらチェックする必要があるもの

この2つに分かれるのだと思いました。


流れとしては、

・家に入ってくる。
  
・中身のチェック。
  
・要・不要の判断をして、必要ないものはこの段階で処分
(ここで注意したいのは、個人情報の問題で、最近ではなんでもゴミ箱というわけにはいかなくなっています。ハンコタイプの消しポンやら、はさみの刃がいくつもついたものとか……。でも、めんどくさいのでついつい溜めてしまう人には、電動(電池式とか)レターオープナーと電動シュレッダーが最強の味方かも。)
  
・必要と判定したものを、処理するべき期限で分ける。

コクヨ-ファイルボックス

今はもう無くなった「達人さん」のブログでのやり方で、入ってきたものは一時的に左側の前の開いたファイルスタンドに「立てて」入れます。
入ってきたその場で、毎日きちんとチェックできる日ばかりではないので……w

処理しないといけない期限をチェックして、
・明日~一週間以内
・一ヶ月以内
・一ヶ月以上だけど、確実に期日が明記されているもの

この3つに分けてます。

一時置きと一週間以内に処理するものは、前のあいたファイルスタンドへ。
一ヶ月以内と一ヶ月以上のものは、右側の前のあいていないボックスタイプに立てて入れます。

この時に、紙物のサイズがまちまちで、小さい物はわかりにくくなるので、透明なクリアフォルダーにいれておくと、探すのが楽です。

あとは、適当なスケジュールで、ここをチェックしていけば、書類の紛れ込みとか忘れが少なくなると思います。


処理期日が曖昧なものの中で、支払い明細書や公共料金の領収通知書などがあります。
これも、実は本当に保存すべき期限はあります。
基本的に2年間で、それ以前になると、請求権が失効するんじゃなかったかしら。

我が家の場合は、今年と前年のを保管していますが、わざわざファイリングするほどの理由がないので、ファイルボックスに個別フォルダー方式です。
届いたら、内容をざっとチェックして、異常がなかったら、そのままファイルボックスにポンっです。

それ以外の、期限も曖昧だし、なにかあったら見ないといけない「捨てたらまずいんじゃない?」なものですが

11-02-09 資料なかみもの

カテゴリー分けして、薄型ドキュメントファイルにまとめてしまい、ラベリングしてカラーボックスな本棚にいれてあります。

設置場所は人によるのでしょうけど、うちの場合は今のテレビの横で、母親が座って手の届く位置です。

私だけにしか関係のない書類や紙ものは、自室で処理&保管です。


取説については、

DIY・ハンドメイド・収納…暮らしなモノづくり 取扱説明書の収納

こちらの、あんずさんの方法が、我が家には一番ぴったりで効果的でした。
探すのも、出し入れするのも楽だし、なによりもコストが……w
(取説専用ファイルって、高いんですよね)


保険関係については、

【収納】ファイルボックス 保険

こんなふうに、契約保険1件につき、1冊の薄型ドキュメントファイルにまとめてしまいました。

それ以外の写真や、好きなイラストなどのコレクション系の紙ものは、人それぞれの条件があるので一概にこのやり方が良いというのは難しいような。

断捨離でも、美的収納でも、片付け&収納で一番の難敵は、紙もののように思えます……w
特に何かあったら困るからという「未来不安」型には、紙ものは「断」はできても、「離」が納得できる理由が難しいです。



Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/946-b54de73b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。