上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10-11-14 大根干し

晩秋のお約束、大根干し
たくあん漬け用です。
これと、白菜を漬け込んだら、冬支度はほぼ終わります。
あとは、車のタイヤ交換。
うーん、時がたつのが早いです。


以前、みしぇ~さんに教えていただいた日本香堂さんの「けずり香」、水仙を使い終わったので、新しく注文しました。

火を使わず削って香りを楽しみます。 かゆらぎ 藤 削り香

今回は、藤。

火を使うお香には、それなりの利点もありますが、取扱いに注意しないと危ないことと、灰の後始末をしくじって汚すこともあります。
利点は、残り香・移り香が楽しめることです。
お部屋で火を使うタイプのお香を焚くと、あの小さなかけらのようなサイズなのに、気が付くとファブリックなどに香りが移っていて、ふっと香ったりします。

室内や、玄関では火を使うタイプのお香。
奥の収納庫などの普段は人気のない部屋には、けずり香を使っています。
普通の市販の芳香剤でもいいのですが、あれの欠点は、ものによってはいかにも「芳香剤です。臭い消しです。」って主張するところ。
あと、案外に容器ゴミがでることです。

最初に買ったけずり香の水仙は、収納庫の夜具タンスで使いました。
残した客用布団が入っている2竿の夜具タンス。
たまに用があって扉をあけると、ふわっといい香りが出迎えてくれます。
夏に泊まりにきた親戚が、お布団がいい香りがすると喜んでくれていました。

これから寒くなるので、1日1回は窓をあけて換気をするとはいえ、どうしても締め切りになってきます。
そうなると、夏には気にならなかった(そこら中開け放してあるから)家の臭いが気になり出します。

カフェタイムインセンス

ニューモーニングスター

こちらから、コーンタイプをそれぞれ1つずつチョイスして、お試し中です。


ちなみに、猫型の香炉、内部が良い具合に煙でいぶされて、香炉を置いておくだけで、移り香で良い香りが持続します。
ニャコム対策で、自室でしか使えませんけどw


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/872-a96ff438

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。