上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、気になっているのは、スポンジの取り替え時。

主に台所の洗い物の時に使うスポンジです。
それも、ここ十年くらいは、郵便局や農協などからの頂き物ばかり。
(去年の大片付けの際に発掘されたもので、まだ20個くらいあります)

親は使って、使って、ボロボロになって、形がなくなるまで使うのが、正しい「しまつ」だと。
私は、だいたい1~1ヶ月半で交換したほうがいいと主張しています。

スポンジ単体で見れば、親のいうように、形が無くなるまで使うのが、無駄なく最後まで使ったと言えるでしょう。
スポンジの用途は、洗い物。
ヨレヨレ、ヘタレたスポンジで、洗い物しても、なかなか用が足りなくなりますよねえ。
スポンジって、ちょっとヘタレると、同じ量の洗剤を使っても泡立ちがガクンと落ちます。
泡立ちが良くないと、キレイに洗えている気がしなくなります。
で、さらに洗剤を足すという悪循環に。

実際に、じーっと観察していると、スポンジがヘタレると、食器荒い用の洗剤の減りが早くなります。

そんな風に見ていて、だいたい1~1ヶ月半くらいが、スポンジの替え時かなと。

泡立ちだけではなく、それ以上たつと、スポンジが黒ずんできて、見ただけでも衛生的じゃない感じに……。
本当は3週間くらいがスポンジの替え時らしいのですが、3週間では親が承知しないので、ちょっと幅をとって1~1ヶ月半。

エコたわしを薦められているのですが、もらいもののスポンジがまだたくさんあるので、それを使い終わってから考えます。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/866-ff3659e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。