上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10-10-14 ニラの実

ニラの種
あんまりニラは使わないのですが、適当に野良ニラになっていますw


さて、昨日からメディアものの収納の見直しをしているのですが、思いがけずに皆さんもコレの収納には悩んでいらっしゃるというコメントをいただき、ちょっと安心(こらっ!)w
洋服とか、台所とか、靴とか本とか、収納に悩んでいらっしゃるという話はよく拝見しますが、CDとかDVDで困っていらっしゃるというのは、ほとんど目にしたことがありません。

なので、こういうのに悩むのは私くらいなのかしら……と思っていましたw


ブックタイプの収納に入れていたメディアを全部取り出して、コミックデータ用に用意していた不織布ケース(ファイリングできる2つ穴付き)両面用に入れていきました。
取り出してみたら、結構な枚数があるのですが、嵩自体はそれほどでもないのです。

どういう方法での収納が自分にとって、一番楽で合っているのか。
そのためには、まずは

自分がコレをどういう思考径路で探すのか

これを考えないと次のステップになりません。
これは、以前、布の整理をするときに、気づいたやり方です。

●最初に選ぶカテゴリー
【音楽】【映画・アニメ・ドラマ・録画】【PCアプリケーション】【ゲーム】【素材データ】【コミックデータ】でしょうか。
【音楽】【PCアプリケーション】【ゲーム】【素材データ】【コミックデータ】に関しては、もう固定の場所と方法が確立しているので、今回の見直しの対象外です。

私にとって2番目の【映画・アニメ・ドラマ・録画】このへんが、今回の問題ポイントです。

 ↓

●題名

 ↓

●実際に探しにいくのですが、どのブックに入れたのか記憶がありません。よって、かたっぱしから引っ張り出して、端からめくっていく作業に……orz

ブックタイプの場合、後から追加するときに、最初から空けておかないと、同じシリーズでもあちこちに入れることに。
リフィルタイプの場合は、それでも可能ですが、今度はコストが……。

メディアものに関しては、後から追加収納がしやすい というも、かなり大事なポイントではないでしょうか。

ブックタイプ収納でも、ちゃんとまじめに何が入っているのか、その都度、中身のタイトルを書いてあれば、まだ運用できたと思うのですが、ここで1つ問題があります。

それは、私の場合、最初に今もっているもののリストを作って、ブックタイプの収納に添付することは、気合いで可能です。
問題は、不定期な追加の時です。
その都度、こまめにリストにデータを書き足していくというのが、なかなかできないものです。
だって、面倒くさいんだもの……w
エクセルでも、たった1枚のデータのために、エクセルを起動して~……とやれないズボラさ。
まとめてそれなりの量があるのなら、できないこともないですが、1つのためにというのが、「後でやろう」とかとなって、案外にやりにくいものです。

理由は、自分がズボラだから……orz

リスト作って管理というのは、仕事としてなら出来ますが、プライベートでは続かないです……。

リストとかインデックスとか無しの方向で、なんとか適当に、おおざっぱでなんとかなる方法が良いなあと思いました。

いろいろと考えてみて、結局、「箱にポンッ!」が一番簡単で、それなりに管理できるんじゃないかしらと。

一度見たものは、どこにあるのかまでは覚えていなくても、題名(ウロでもそれなりに)とか、持っていることはちゃんと覚えているので、探す範囲が限定されれば、少しガサガサしても問題ないかなと思います。

1つの箱にいれて、1つの視界で、五十音順にしておけば、探すといってもそんなに手間じゃないかな。
ジャンル分けしたほうが見栄えはよいけど、よく考えたら、ジャンルで記憶してないからw

ということで、「箱」「タイトルの五十音順」という方針が決りました。
「箱」をどうするかで、しばらく悩んでいたのですが、デスクに付属していた引き出しの一番下が、ガラクタ入れになっているのを思い出して、中身を放り出して入れてみると、良い感じ。

10-10-20 結局コレ

例によって、プラダンで縦に半分ずつ仕切りをつけました。
それに、黒のプラダンの端切れを寄せ集めて、カットして、五十音順なインデックス仕切りを作ります。
単に、ちょっと大きめにカットしただけですw
ラベルつけて、メディアを仕分けして入れてきます。
ちょいちょいと手でさばけば、中身が確認できる程度のゆとりです。

あとで文具のカードリングを買ってきて、同じもので複数枚あるものを一纏めにしておこうと思います。

プロジェクトXの録画が見たければ、「は」のところを探せばあります。見終わって戻すときには、「は」の場所に適当にポイッ。
こんなふうな適当さでも、いいや。

今後の課題は2つ。
この引き出しに入る以上のものは持たないこと。
入らなくなったら、どれか処分すること。

そして……もう一つ。

10-10-20 片付けの跡に残る物

CDとDVDの収納のやり直しをした結果の、この見事な汚部屋まがいの散らかりを片付けないと、今夜寝る場所がない!

ダンボールは、ベッドの上に投げ出している、今まで使っていたブックタイプの収納ケースを入れるためにひっぱりだしてきたものです。

これにはいっていたもの が、すごく単純な収納方法にしたら、31×34センチの引き出し1つに収まってしまいました。
物事は、あまり複雑にしないほうが良いのかもしれません。

今回の見直しで、捨てたCDとDVDは、98枚でした。
もう実機のないシステム関連や、いまのシステムでは動かないアプリなどなど……。

さて、寝るまでにかたづけないと……orz



Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/845-39f7f218

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。