上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10-10-14 なつめ

なつめ
明治時代からあったナツメの大木が、先年の大雪で倒壊してしまい、新しい若い苗木を植えていたのですが、ようやく果実をつけるようになりました。
りんごに似た甘酸っぱい独特の味です。
台湾では、青いものを果物としてそのまま食べるそうです。
お菓子、果物、生薬と、幅広く利用されています。


最近、仕事柄もあって、CDやDVDなどのメディアが増えています。
音楽CDや映画DVDなどは、収納方法が確定していて、問題はないのですが、それ以外の録画ものとかです。
あと、ダウンロード購入したものとか。

昨年の5月段階での、メディアものの整理収納方法です。

09-05-11 メディア用ファイル

音楽CDや映画DVDなどは、ケースを入れ替えて、省スペース。
手持ちのコミック本は、スキャンしてデジタル化してしまい、2穴リングファイルで、作家毎(五十音順)にまとめて収納。

09-05-05 スライド本棚 左奥

それ以外の録画データや、バックアップデータなどは、左側奥にブックタイプのファイルにいれて収納していました。
このブックタイプが、今回の見直し対象です。

見直しの原因は、ブックタイプは収まりが良いのですが、出し入れがめんどくさいです。
そして、一杯になったら、ものすごく重たいこと。
そして、最大の敗因は、中身がわかるようにインデックスを作らなかったこと。

PCの調子が悪くなって、慌ててデータの退避とかやっていたときに、うっかりしてダブってしまったものが結構あることが判明して、orz状態です。

どうも私はあちこちに分散するというのがダメみたいです。
一箇所に1つの視界で見渡せる範囲というのがポイントのようです。

一番良いのは、大きな引き出しで、まとめて整理してしまうのが良いのでしょうが、新しく家具を買うのはイヤ。
できるだけ、いまあるスライド本棚を利用して収納していきたいのです。
そうなると、やっぱりブックタイプが一番かなー。

いま使っているブックタイプが、たくさん入りすぎるからダメなのかなと。

これも大は小を兼ねるで失敗したということかなあと思います。

改めて、全部分類しなおして、収納方法の見直しをして、仕切り直そうと思います。

Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/844-bcd73dab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。