上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も30度越えの気温でしたが、台風前のような尖った凶悪な暑さでは無くなった感じ。
やっぱり秋なんですね。
道々、そこかしこにススキの穂の準備が始まっている様子です。


裁縫部屋の整理整頓と配置換えを計画しているのですが、その為には溜まりすぎた材料を少しでも減らさないと……orz
毎日、ちょっとずつミシン掛けしています。

材料のうち、一番かさばって、かつ、扱いがうざったいのがジーパンなどから取ったデニムな材料です。
もう、ここは四の五の言わずに、収納方法を考えるより作って使い切ることにします。
収納しようとしたら、いつまでたっても減らないし、増える一方ですから。

ということで、ひたすらデニムですw
ジーパンからの古着布なので、それぞれに中途半端な量ばかりです。
それがネックで、作りにくかったのです。
作りきることを目標に、とにかくデニムを使うことに。

10-09-10 デニム消費-02

10-09-10 デニム消費-01

10-09-10 デニム消費-03

ドミット芯綿付きのトップスのみ完成した状態です。

デニムの藍色系統に限らず、濃い色だけだと、微妙に小汚い雰囲気になるのがちょっとイヤなんですよねえ。
間に白か薄い色を少量挟んでやると、同じデニムでも清潔感というかすっきり感がでます。
布合わせはおもしろいです。

組み合わせ、デザインを決めたら、ひたすらドミット芯綿にデニムや古着布を乗せて、ジグザグミシンで仮止めします。
(縫い目幅最大、縫い目間隔最大で、縫うスピードは最低よりやや早め)
この段階では、裏布はつけずにおきます。

表のパーツを全部組み終わったら、裏布の上に乗せて、ミシンでキルティングを入れます。
それが終わったら、最後にパーツとパーツの突き合わせて、ジグザグミシンで留めてあるところが隠れるように、テープで押さえてミシンで縫いつけます。
最後に、カッターで縁をキレイに整形して、テープでくるんで出来上がりです。

がっしりと縫い込んでいきますので、毎日洗濯機で気を遣うことなく洗えます。

今回のこれはデニムを使っていますので、冬場には少し乾きにくいですが、ジーパン1本を乾かすよりははるかに早く乾きます。

本当はきちんと全部仕上げるものなのですが、とにかく材料を少しでも使い切りたい。
トップスの基本デザインだけでも完成しておけば、積んであっても、いやでも目に付きますので、次の工程をやろうとすると思いますw(あくまでも、希望)

来週いっぱい、忙しくなるので、今の内に考えているデザインを作っておかないと……。




Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/805-50f2eced

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。