上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノアの箱船で有名なノアのお祖父さんがメトセラ。
旧約聖書の「創世記」には、969歳で亡くなったと記述されています。

「186歳」の戸籍残る 江戸時代・文政生まれ、西郷さんより3つ上

というニュースがありました。
日本の法律では、死亡届けがでなければ、書類上は生存なのでこういうケースもあちこちで発生している様子です。

メトセラというと、ロバート・A・ハイラインの「メトセラの子ら」というSF小説を思い出します。
学生時代に読んだのですが、少しばかり日本人の感覚には受け入れにくいドライさが印象的でした。
どうにもならない悲哀があるのですが、生き残るためにはドライになるしかないような、少しばかりやるせない読後感が印象に残っています。

メトセラにならなくてもいいので、最後には「うん、こんなもんだよね、まあまあな人生だった。」と思えるようになりたいものです。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/790-c046bcd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。