上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10-08-13 サルスベリ

夏の代表的な花木 サルスベリ
ほかにも白、ラベンダー色などいくつかあります。
この花が咲くと「真夏」が始まります。
最近では、ニャコムのジャングルジムの一つになっていますw


ネットで探し物をしていて、偶然にみつけたものですが、

バズワード

「バズ(buzz)」という言葉は、もともと、蜂がブンブンとうなり続けている様子を表しており、そこから派生して、世間の群衆が噂話でざわめいている状況を表す言葉として使われている。つまり、バズ・ワードとは、世間、あるいは業界一般などの一定の一般的なグループの間で喧伝されてはいるが、その実態が明確ではない言葉を表している。

結果として、その分野に明るくない人にイメージだけを押し付けたり、「よくわからないが凄そうなこと」を想起させることを目的とした宣伝文句として使ったりすることも可能であり、言葉だけが先歩きして広まることも多いため、事情を知らない多くの人は価値のある言葉としてとらえてしまうことがある。

要は「流行語」であるので、その影響も一時的であり、程度の差はあってもそれらの多くは1 - 2年で社会的に消費され尽くし、人々の意識から消えてなくなる。まれに定着するものもあるが、そうなったからといって定義や根拠や意義が明確化したとは限らないので注意が必要である。



バズワードとされるもののいくつかは、見覚えのあるものがチラホラ……。

なぜ、これがひっかかったのかというと、ちょっと前から考え込んでいることがあるのです。
それは、「シンプルな暮らし」って、具体的にどういうの? ということです。

ものを必要絶対量しか持たないことなのしかしら。ものの量が少なかったらシンプル?
簡素な暮らしって、具体的にどういうの?

別のところでは、

「お気に入りのモノを少しだけ持って、それを楽しく大切に使う」のがシンプルライフの理想ともあります。
一人暮らし、或いは自分が家の中のものについての選択権と決定権をもっている人なら、それも可能でしょう。
家族がいて、それぞれに個性と好きな基準がある家庭では実現が難しそう……。

シンプルな暮らしって、日々の生活習慣が単純なこと?

たくさんの人が求めている「シンプルな暮らし」「シンプルライフ」って、本当のところどういう意味なんでしょう?


私も、このブログで何度か「シンプルに暮らしたい」というような言葉をつかっています。
今、改めて考えてみると、言葉の雰囲気やイメージが先行してしまって、じゃあ、具体的になにをどうすれば「シンプルな暮らし」になるのか、ものすごく曖昧で不明瞭です。
明確に具体的に説明できないもを目標にしても、実現するための道筋が見えてきません。

改めてよく考えてみると、今の自分の生活環境の中で、自分の力でできることをしながら、世間体も、家族の楽しみ、自分自身の満足を手放したくないというのが本音です。

料理だって、シンプルな暮らしという語感からすれば、しないほうが暮らしが単純になりますよねw
料理しなければ、台所のものの9割は捨てられます。
持ち物も大幅に減って、「持たない暮らし」も実現できますしw
それでは、健康にも経済的にも負担がかかりますし、なによりも自分や家族にとっての満足度が下がるので、それは出来ません。(たまには料理したくない時もありますがw)

洋服でも必要なだけしか持たないというのも、「必要」ってどれだけの量なんでしょう?
人によって「必要」が違います。
きっちりとワードローブのルーティングが決っている人もいれば、家中が洋服で埋め尽くされている人もいます。着なくてもその人にとっては「必要」なので、捨てられないという人もいます。
ものあるなし、ものの数で「シンプルな暮らし」なのでしょうか。

考えれば考えるほど、「シンプルな暮らし」の具体的なものが浮かんできません……。
もしや、私にとって「シンプルな暮らし」「シンプルライフ」というのは、バズワード?!




Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/777-df0ef715

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。