上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10-07-08 沙羅の花

沙羅の花ももうそろそろ終わりです。


大雨が続いて、各地で被害がでています。
ずっと見ていて、きになったことですが、政府は未だに対策本部などの行動を見せていません。
参議院選挙の敗戦処理しか頭にないご様子。
たまりかねた自民党が、口蹄疫の時と同じように、対策本部を立ち上げました。

http://p.twipple.jp/data/3/H/7/p/t.jpg

口蹄疫の時でもそうでした。

さらに、現職大臣で、落選された千葉さん。
大臣としての仕事の実績をもって、選挙に臨まれたわけですから、その姿勢や行動について、有権者が「NO!」という判定を下したのと同じ。
民意が否決しているのに、なお法相として続投というのも、昨年の選挙の際に、あれほど「民意」の錦の御旗を振り回してきたというのに、おかしな話です。

参議院選挙の敗戦の理由を、大方は菅首相の「消費税値上げ」発言が原因と断定した論説が多いのですが、本当は違うと思うのですよ。

政見の一貫性のなさ、たとえ形式だけにせよ、自浄姿勢のなさが一番の原因じゃないかしらと。

昨年から、「政治主導」「官僚主義の弊害」と、声高に主張されて、いろいろと行動されているのですが、その行動がさっぱりうまく回っていないように見えるのは気のせいかしら。

なんとなく、政治主導と官僚主導の弊害という、1年近い民主党与党の軌跡を眺めていて思ったことなのですが、政治家と官僚を「PCとユーザー」に見立てるとおもしろいなあと。

官僚というのは、PCと同じで「ツール」なのです。
そして、政治家はユーザーだと考えてみてください。

OSは憲法や法令、条例などなど。

PCはユーザーの使い方のスキルや知識によって、役立ち度が変わります。
どれほど高性能な天文学的な計算が一瞬で可能なスーパーコンピューターでも、ユーザーがインターネットでお気に入りのサイトを閲覧したり、ネット通販ぐらいにしか使わなければ、ずば抜けた性能も発揮できません。
PCが出すサインや情報を、きちんとユーザーが理解して、受け止めて、それに適切な反応(操作)を返さなければ、PCはうまく働きません。

往々にして、
「ちょっと、このPC、壊れてる! なんにもしていないの変になった。」
「なにこれ、役に立たないわあ。」
「高いお金はらったのに!」
と。

逆に、ユーザーがPCのサインや情報を適切な知識で受け取り、それにあった操作をすれば、スムーズに快適にPCが使えます。

政治家と官僚というのは、本来はそういう関係なのだと思います。

口蹄疫の時でも、今回の豪雨災害でも、官僚から必要な情報が上がっていると思います。
いえ、PCなツールなら、ユーザーが指示しなければ、必要な情報がでてきませんでしたねw

政治主導というのはよろしいのですが、官僚というツールを使いこなすには、現在の政権与党は知識も技術も足りないので、使いこなせないというのが、本当のところなんじゃないかしら。
最初の4ヶ月くらいまでは、それでもまだ、経験値が浅いのは仕方ないと思っておりました。
もう1年近くたっているので、いい加減にきちんと勉強していただきたいと思うのです。

とにかく、現在の政府は、「有事」に対する反応が鈍すぎます。

まあ、収入も生活も安全な場所にいらっしゃるので、なにひとつ痛みも危険も感じないのでしょうから、仕方ないのでしょうかね。

これがあと3年続くのでしょうか……。

Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/749-0e0909e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。