上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10-07-08 ベルガモット-02

ハーブのベルガモット。
アールグレイに使われているベルガモットは柑橘類のほう。
こっちはシソ科のハーブで、ビーバーム、モナルダとも言います。

ハーブとして使うのは滅多にやらないので、花を楽しむ感じでしょうか。


10-07-08 チキン南蛮とショウガの佃煮

作り置き総菜は、チキン南蛮とショウガの佃煮です。
左上のは、気にしないように。
デジカメで写していたら、あっというまにテーブルに駆け上がって顔をつっこんできたのです orz
あわてて猫を拾って、キッチンから追い出し。
かわいそうですが、棲み分けのルールは必要なんで……。


チキン南蛮:
下味をつけて冷凍しておいた鳥もも肉を自然解凍したもの
タマネギ、にんじん

小鍋に適量の水を入れ、タマネギ、にんじんに火を通す。
コンソメ、醤油(香り付け程度)、みりん、酢で、味を調える。(鶏肉に下味がついてるので、あまり濃くなくてもよい)

鶏肉に片栗粉をまぶして揚げる。

ボールに揚げた鶏を入れ、上から熱々の漬け汁と野菜をかぶせる。
そのまま、できたてを食べてもいいですし、冷ましてからタッパーに入れて、冷蔵庫にIN。
2~3日は持ちます。
野菜を多めにしておくと、野菜だけでも甘酢なお総菜として盛りつけてもOKです。


ショウガの佃煮:
いま、旬の新ショウガを千切りにします。
小鍋にショウガを放り込んで、お酒(料理酒じゃなくて日本酒)をひたひたくらいに入れて火に掛けます。
沸騰したら、醤油、みりんを2:1くらいの割合で入れます。

あとは、中火にして煮詰めます。
完全に汁気がなくなるまで煮詰めてもいいのですが、私はこの煮汁を利用するので、適当な味になったら、火を止めます。
ざるで、煮汁を漉して、ショウガだけをタッパー容器にいれます。

あつあつご飯にそのまま乗せて食べてもいいし、おにぎりの具にしてもいいです。
あと、煮魚を作る時に、これを入れたりします。

煮汁のほうは、豚コマや鶏もも肉に混ぜて冷凍したりするのに使います。

豚コマ肉に使うと、自然解凍したら、フライパンで焼くだけで豚の生姜焼きができます。
鶏肉は、同じく自然解凍して、唐揚げにしたり、グリルでそのまま焼いたりしています。

新ショウガは、今まとめ買いして、一度に佃煮風にしておいて、小分けにして冷凍すると、かなり便利なお総菜になります。

今頃の、微妙に蒸し暑くてお腹は空くけど、食べたい物が……というような時に、あつあつご飯で食べたり、お茶漬けにしたりすると、元気がでます。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/741-c42b8978

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。