上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例年通り、連休前日に連休明けが納期となるお仕事がきていて、やっと本日、計画通り裏口土間のアタック開始です。
まずは現状です。

ド田舎の捨てネーゼの住まう家の土間……、想像以上でしょうw

今時の普通のマンションや新築なお家の方には、あり得ない世界だと思います。

裏口土間 入り口そばの工具・農具など

10-05-05 裏口土間-02

入り口から右側

10-05-05 裏口土間-01(入り口にむかって)

入り口から右側を、反対方向から

10-05-05 裏口土間-01(入り口側から)

これでも昨年、ちょっとだけ整理整頓したんですよ……(苦笑
1年たったら、さらにぎっちりと詰め込まれているわけです。

原因は、捨てネーゼの習性もあるんですが、最大の敗因は、使うものと使わないものが混在していることです。
そして、入る所に入れるので、ゾーニングがされて無いこと。
あと、やたら袋に入れて吊すのも良くない。
見た目だけじゃなくて、この方法だと、中身が分からなくなるので、辞めて欲しいです。


まずは、本日は、入り口から右側の壁の棚。
この棚の中身を全部運び出して、棚を解体しました。
電動ドライバ様々です。

後ろの壁とご対面したのは、20年ぶりくらいかしらw
大量の泥ホコリとゴミを掃除して、クモの巣をとってキレイにするだけで小一時間かかりました。

その跡地に、用意しておいたルミナスのメタル棚を組み立てます。

いろいろと組み替えて使ってみた結果なんですが、メタルワイヤー棚を上手に使うコツのようなものがあります。
まず、一番下の棚板は、床から最低でも30cm以上開けて設置することです。
そうしないと、棚の下のゴミやホコリの掃除ができません。
そして、棚に敷くコルクマットかなにかを使うと良いと思います。
私は、思い切って、一番下の棚は「床」にしていますw
少し高くなるんですが、一番下にオプションパーツで「コの字パーツ」というのを入れて、高床式な組み方をしています。
今回も同じように高床式にして、一番下には、スノコにキャスターをつけた台の上に乗せた漬物桶やカメなどを収納することにしました。
上の写真で、棚の前、通路に居座っているモノたちですw

今日は、結局、棚を組んで漬物の容器を下に入れ込んだところで時間切れでした。
大急ぎで、残すものと捨てるものを選別して、残すものを箱に入れて、とりあえず棚に積み上げです。

不燃ゴミが7袋、可燃ゴミが3袋。

明日は、棚の収納の仕上げをしつつ、一番最初の写真の箇所にアタックです。

棚を1本組み立てて、残すモノを積み上げただけなので、After写真はまだですw




Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/673-ed5f0790

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。