上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業シーズンですので、その手の仕事が無理矢理に滑り込んできます。
とくに学校関係で。
仕事があるのは嬉しいのですが、かなり納期が無茶ぶり。

先日から、新しい「洋服が欲しい病」が発症して、電卓片手に悶々としております。
ものは増やしたくないので、もうすでに処分する予定の候補者は出そろっております。


(clickすると大きくなります)

買おうかなーと、ほぼ7割決定しているのが、上の4点です。
夏物は有りすぎるほどあるので、春先、秋冬に使えるもの、ベーシックでシンプルなものということで、このへんをチョイスしてみました。

冬季オリンピックの花形、フィギュアを見ていて最近思うことがあるのですが、私個人の気のせいかなーと思っていたのですが、どうやら他の方も同じような思いらしいというものを見つけてしまいました。

キムヨナ選手の「世界最高得点」の意味を考える

妬みとか、ライバルが気に入らないからとかじゃなくて、なんとなく納得できないようなもやもや感は、キム選手が登場する以前から感じていたものです。
昔、フランスの選手でスルヤ・ボナリーという黒人のスケーターがいたのを覚えています。

スルヤ・ボナリー wiki

その頃から、フィギュアスケートの採点というものに疑問を持つようになってきました。
そのへんは、一般の観客にはわからないものがあるのでしょうね。

でも、芸術に点数というのも変な感じですよねえ。

Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/604-a53bcb05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。