上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.22 【収納】メモ
10-02-22 メモ

仕事で、日常の生活で、メモというのはよく使います。
私の場合は、もっぱら仕事が多いのですが。
メモをとる紙は、メモ用紙やら、そのへんのプリントミスの裏とかいろいろあります。
一時期、ポストイットを使って、モニタやらそのへんの棚やらにペタペタと貼っていたのですが、どう考えても、どう譲って見ても美しくない。
単に美醜の問題よりも、もっと重大な欠点がありました。

それは、あまりいろいろと貼り付けると、肝心なときにどれがどのメモか判別するのに時間がかかること。(全部見なきゃ意味がわかりませんからw)
時間がたって、なんらかのアクシデントで、貼り付けたポストイットがはがれて、どっかにいっちゃったりとか。
メモしても、それが生かせない、必要な時に使えないのなら、意味がないですよね……w
使えてないメモに、ポストイットというのもそれなりにお金かかりますし、数年前からメモにポストイットは使わなくなりました。

もちろん、仕事の上で、お預かりした原稿などに、メモや注意書きが必要なときには、ポストイットや付箋を使います。

ポストイットの代わりにしているのが、写真の「状差し」です。
よく飲食店などで、伝票などを突き刺してあるやつです。
仕事などで、ちょっとメモったもので(設定数値とか)、後で必要になるかもしれないものとか、ちょっと取っておくメモを刺しておきます。

その際に、仕事関係は茶色のクラフト紙なメモ用紙、それ以外のメモは、システム手帖のリフィルが大量に余っているのでそれを使って、ある程度、なんの関係のメモか視覚的に一目で区別できるようにしています。

メモを一ヶ所に纏めたことで、あれこれ探すことがなくなりましたし、見る時には、ちょっとずらせば、簡単に見られます。
あとで定期的にこの状差しをチェックして、必要なくなったメモはピッと引き抜いて廃棄です。
こうやって、最後まで残ったものは、立派な資料データですので、PCで清書してファイルしておきます。

あと、メモをとるときに、隅っこに必ず日付を入れておきます。
余裕があるなら、なんのためのメモなのかの簡単な説明も。
この2点があると、後からメモをチェックする時に楽です。

状差しを使うようになってから、メモがどっかにいったり、散乱したりするというイラッとしてやがて哀しくなるような体験は無くなりましたw



Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/600-ddc492db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。