上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10-02-03 春を待つビオラ

夏の終わりに種をまいたビオラが、もう春待ち顔です。
季節によって、気持ちに響く色ってありますよね。
春は黄色
夏は青
秋は赤
冬はピンク系

昨日から良い天気なのですが、そのぶん夜間・早朝の冷えが半端じゃないです。
そんな今日は、親戚の法事のために、朝の8時前に親を車で送っていくことに。
本当は私も出席しないといけないのですが、どうにも仕事が……。
ということで、送り迎えだけで勘弁していただくことに。

途中にヘアピンより多少はゆるいカーブがありまして、そこは片側が山側で片側が生い茂った杉木立なので、1日中日陰でとても危ない箇所です。
路面状態が良くないし、50km(法定速度)程度で走っていて、後ろからきた車がいらついたのか、ぐいっと追いこしていきました。
あぶないなあと思いながら、少ししてカーブに入ったら、目の前にさっき追い抜いていった車が横滑りして車線を塞いでいるのが!!!
カーブの外側に退避用の路肩が広くとってある部分にハンドルを切って、かろうじてぶつからずに済みました。

車をおりて、横滑りして車線をふさいでいる車の様子を見に行ってみると、蒼白で硬直してらっしゃるお兄さん……w
あっちも怖かったことでしょうw
そうそうにフリーズを解除していただいて、車を路肩に寄せてしばらく休憩してから行くように忠告。
完全に動転してらした様子で、満足な受け答えも出ない感じでした。

県外ナンバーだったし、このへんの路面情報をあまりご存じなかったのでしょうね。
凍結した路面は怖いですよね。
今日のように、日差しのあたる所は、すぐにとけるのですが、日陰はいぜんとして凍結しているという、「まだら凍結&カーブ」が一番怖い。
冬場の運転は、先行車がトロトロ走っているときには、それなりの理由があったりしますので、無理をしないのが吉。

ちなみに午後から、親を迎えにいったときにも、まだそのカーブの路面は凍結が溶けていませんでしたw



Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/585-b56e1abd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。