上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.17 【日常】寒い
10-01-17 つらら

今日は、久しぶりに晴れたのですが、そのぶんもの凄く寒いです。
あとちょっとで地面につきそうな大ツララです。
本当はこのままでは危険なので、写真を撮った後で、シャベルでカンカンカンッ! とたたき落としておきました。
危険というのは2つあります。
ひとつは、うっかり軒下を通ったときに、ツララが落下したときのこと。
もうひとつは、屋根の雪が落ちる時にツララをつけたまま落ちると、ツララが内向きに角度がついたりすると、窓やサッシのガラスが割れるかもしれないから。
積雪自体は、かなり減ったのですが、その分凍結が恐ろしいw

我が家は、幹線道路である国道から少し離れた高台にあって、カーブじゃない直角な曲がりをもった坂道なのですが、この道は2トンまでなら通行可能です。
ただ、冬季の今頃は、宅配便の方が泣いて謝るほど嫌がられます。
上がるのはいいけど、下りる時には死ぬほど怖い道だと。
天候状況によっては、下の国道まで荷物の受け取りにいかないといけないことも orz

雪のふる地方の道路事情というのは、命綱と一緒で、冬以外は無駄に広い過剰な施設に見えても、一端雪がふったら、対向車線に大型トラックがきたら小型乗用車でもすれ違うのに苦労することもあります。
時刻・天候具合では、緊急車両も通行できなくて、そのために手遅れになることもあります。
雪道の運転には慣れてはいますが、やっぱり怖いです。

まっ白に雪が積もって、吹雪いていて、夕暮れの4時くらいの頃は、「総白」といって、道すらもわからなくなります。視界は5mあるかないか。
もう、まっ白な世界に浮いてる感じですw

そうなると、たった15kmほどの距離でも、記憶だけが頼りで運転することになります。
何度か体験しましたが、あの恐ろしさを言い表す言葉がありません。
このときに、道路が狭かったら確実に死ねますw

こういう体験は、年に何度もあるわけではないのですが、地方にとっては道路整備はとても大事。
来年度予算、どうなるかなー。

Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/564-d6879b2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。