上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春に廊下の片付けをして、このへん少しはマシになったはずでした。
でも、結局は維持できなかったというか、どんどん母親がモノを置くのでもっと凄くなってしまいました。

09-04-22 廊下02
(写真は片づける前のもの)

09-12-18 廊下現状
(現在の状態)

ちなみに後ろに食器棚の中身は、まったく崩れておりません。
というか、ぶっちゃけ、あれから一度も中のものを使っていないのですよ……。
そりゃあ、崩れるもなにもありませんよw

米とか野菜とか箱買いする果物(主にリンゴとか)、お酒とか(みりんや料理用につかうお酒とか)の買い置きもので、春の頃よりも状態が酷くなっています。

敗因は、ずばり

使っていないものを置いてあるから。
増えるイレギュラー品の場所がないから。


常にあるわけではない、食べきれば無くなるものに場所を用意するのは、なかなか難しいものがあります。
だって、どんな量でいつ来るかわからないので……。

このままでは、どうにもなりませんよねえ……。
出来ることなら、この後ろの食器棚を廃棄処分にして、中身の使っていないものは箱に入れて、物置か収納庫で眠っていて貰うのが一番良いとおもうのです。
4月に片づけてから8ヶ月、まったく使っていないのですし、今後使うとも思えません。
ああ、お重箱がいくつかは、お正月に使うかな?

この古いタイプの食器棚の跡地に、カラーボックスを設置して、溢れているものたちをきちんと収めて、今後増える可能性も計算してスペースをとっておけば……。

ただ、これを処分するということに同意はあるのですが、どうやって処分していいのかが難題です。
難しいことはあまり考えたくないw

なんか良い方法がないものかと思案していて、ふと思ったのですが、これ、戸を全て外してしまえば、ただの棚になります。
そうすれば、カラーボックスとは異なりますが、大きな棚にはなります。
上と真ん中のガラスの引き戸、下の板の引き戸、左右合計6枚の戸があるから、入れるものに制限がかかるし、使いにくいのではないでしょうか。

棚板の間隔を適度に工夫して、カゴなりなんなりで、母親がここに置きたがるものをオープンラックにして収めてみたらどうかしら。


戸を全部外したら、見栄えが悪いと嫌がるとは思いますが、このままでは単なる死蔵ですし、使わないものを入れて、その前につぎつぎとこうしたモノをおく方が、ずっとみっともないと思います。

使わないものが多すぎです。
生活の状況が変わったのですから、仕方ないとはいえ、モノを減らすということは人の欲に根ざすものなので、難しいですよね。





Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/533-40e6076c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。