上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社民党「実弾が入っていなくても事故が起きないとは限らない」 陸自のパレードに中止要請…佐世保

このニュースを見て、ふと、とある自衛隊の基地祭りでのお話を思い出しました。
どこで見たのか覚えていないのですが、自衛隊の基地祭で、左翼な運動家の人たちが自衛隊解散、出て行け、反対などと騒いでいるときに、基地祭にきていた高校生くらいの女の子が

戦争はしてはいけないことだけど、自分は自衛隊の人たちがいてくれることに感謝している。阪神淡路大震災の時に、自衛隊の人たちが一生懸命助けてくれたし、公園で野宿していたときでも、お風呂を沸かしてくれたり、いろいろと助けてもらった。だから自衛隊の人たちがいてくれて良かったと思っているし、とても感謝している。でもあなたたちは何もしてくれなかった。

と正面切って運動家たちに怒っていたというお話です。

ウロ覚えなので、詳細は違っているかもしれませんが、大規模な災害を体験した一人として、自衛隊の存在に感謝こそすれ、こんなふうに否定する考え方はできません。
考え方、価値観の違いだと言ってしまえばそれまでですが、首をかしげたくなるのは気のせいでしょうか。

だってねえ、犯罪はいけません、泥棒はしません。だから家に鍵をかける必要はないのです、と言っているようなものですよね。w

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/427-102c7c1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。