上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝の掃除をしながら、TVの政治討論を聞き流していたら、民主党側が「経済の安定より生活を豊かにするほうを優先する」というような趣旨の発言をしていました。

生活を豊かにする。
生活の豊かさって、すごく曖昧な玉虫色な言葉ですが、これだけなら、すてきな言葉です。
家庭の収入が増えて、ゆとりのある生活ができることが豊かさ、物質や金銭にこだわらない精神的な楽しみを見いだす生活の豊かさのどっちなんでしょう。

前者なら、社会全体の経済活動が安定しなければ維持できないし、後者であってもいつリストラされるか分からないし、収入が激減したりするような状況で、精神的に楽しみを見いだして生活を楽しむのは、よほどの剛毅で悟った人でないと無理でしょうw

どっちにしろ、安定した収入があって初めて生活を豊かにする努力ができるわけです。

そう思って聞いていると微妙です。

他にも「子ども手当」、「農業の個別所得補償」、「高速道路の無償化」、「暫定税率廃止」などなど。

子供手当でも、民主党が唱える制度は、完全実施には年間5兆3000億円の財源が必要で、予算全体の組み替えに加え、所得税の扶養控除や配偶者控除を見直すことで確保するとして、「65歳未満で子どもがおらず、配偶者が無職の場合」は負担増となり、年収500万円なら年間約3万8000円の新たな負担が生じる計算になるそうです。

これって、結局、「子供がいない女は形見が狭い」という図式になりませんか?
産めない女性もいます。パートナーの事情で子供が授からない女性もいます。
子供を失ったカップルもいます。
このへんが非常に微妙でイヤな感じです。

「高速道路の無償化」も、無償になったら維持・管理・補修費用は、完全に国庫財政ですか?
暫定税率の廃止とともに、地球温暖化対策税の導入する考えのようです。

一見するとすごく美味しいマニフェストのようですが、ちょっと違うなあと思います。

個人的な考えですが、私は「必要であるなら」増税してもいいと思います。
本当に必要であり、使途がわかりやすくきちんと公開されているのなら。
「ほら、こっちのほうがお得ですよ。こっちの水は甘いですよ~」な誘い文句で、あちこち辻褄を合わせるような公約よりも、なぜ税金の使い道を透明にして誰でもわかりやすくして、無駄遣いをなくします。そのかわり、これだけのお金が足りませんので増税します、と言えないのでしょうか。

私からみた無駄遣いの最たるものの一つが、「国会議員」が多すぎることです。
あんなにたくさん必要ですか?
しかも中には、首をかしげるような方もいます。
いまの半分くらいまで人数を減らすだけでも、たいへんな節税になるんじゃないかしら?w
こういう本当の改革を提唱できる政党を求めますw


ほんと、今度の選挙、どうしましょうかねえ……。



Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/402-7e526968

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。