上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまから8年前に片づけ祭り真っ最中の頃に、洗面台下の収納をやり直した時の記事がこちら。

2009.07.14 【収納】洗面台下 ファイルボックスで

あれから8年、ずーっと母親の使い方を観察していて、やっぱりそろそろ対処すべきかなあと決断して、今回の作業に踏み切りました。
ファイルボックス収納は、悪くはなかったんですけど、例の母親の空き容器を「また使うかも?」で取り置く癖などで用意したファイルボックスに入りきらなくなって溢れてしまいました。
そのうえ、洗面所まわりの買い置きものは小さなものが多いので、ファイルボックスに入れてしまうと、逆に見えにくくなるという問題もありました。
そして、何よりも予想外だったのが、母親の使い方でした。

P1030493.jpg

現状の画像ですが(40年くらい使っているものなので、お世辞にも綺麗じゃないです……)
ファイルボックスを奥に押し込んで、手前にスペースを作ってモノを置くという悪い癖がどうしても直らなかったw
しかも、ファイルボックスを手前に滑らせて引き出して中身にアクセスするという行動が、なぜか母親には見られなかったのです。
置いてある位置のまま、手を伸ばしてアクセスするやり方なのです。

そういう使い方なら、ファイルボックスのように深さのある容器は使いにくいと判断して、今回はファイルボックスを使わない方法で収納することにしました。

P1030496.jpg

片づけのセオリーである「全部出す」ことから開始です。
当初決めてあった分類も何も無くなって、てんでバラバラに入るところに入るものをいれてあるだけの状態。
そこから、使っているものと使っていないものに分けて、不要品を取り除いていきます。

P1030494.jpg

今回の収納に使ったのは、おなじみのフィッツケースです。
私は、こういう収納ケースはフィッツが好きなんですよね。
理由はしっかりとした作りもあるのですが、サイド面がフラットでホコリが溜まりにくいところが好きなんです。

P1030498.jpg

細々した買い置き品は引き出しタイプの収納で、それ以外のものは100均で昔仕入れた浅いプラケースに。
立てて置いてあるものは、多少の場所が変動しても見ればわかります。
なので適当に置いてもOKとします。

引き出しケースのほうですが、これはもうラベリングしないと駄目でしょうということで、ポストイットで手書きw(下手字で恥ずかしいですが……)
一瞬、ラベルライターで綺麗に作ろうかなという欲が浮かんだのですが、今回は恥をしのんで手書き。
自分ひとりなら美しくラベリングというのはアリです。
でも、自分以外の家族と一緒に使うのなら、美しさよりも分かりやすさが重要じゃないかと思います。
それに場所も仮置きに近いので、買ったものによっては位置が変わるかもしれません。
あるいは、ここに書いてないものを新たに加えるかもしれません。
そんなときに、ラベルライターで作った綺麗なラベルだと対応しにくいというのもあります。
ポストイットやメモ紙なら、お手軽に書き直せます。
自分も含めてみんなが覚えちゃって、定番が固定されたら今度は綺麗にラベリングしてもいいかも。

美しさは満足度が上がりますが、分かりやすさのほうが本当は重要。


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。