FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1030491.jpg

最近の我が家のお気に入りのレシピ本。
TVでよく拝見する大原千鶴さんの本です。

P1030490.jpg

中身はごらんのように使うメイン食材は1~2品、作業ステップも短くシンプルに書けるくらい。
使われている調味料も、ごくありふれた何処のご家庭でも普通にあるものばかり。
オシャレな調味料はあんまり使っていないので、特別なものは必要ありません。

大原さんもご実家の料亭の女将業をなさっていて、働いて帰宅してからご飯作りをなさっていたので、手早く出来上がるように調理の工夫をされいて、NHKの今日の料理でもあの時間内に3品作ることが多いのです。

味付けもシンプルであっさりしていて、レシピそのままで作っても母親には好評でした。

今回、このレシピ本を買って良かったと思ったのは、レシピそのものが使えるものが多いだけではなく、食材・味付けがシンプルなだけに、それを自分なりに発展させてバリエーションがいくらでも付けられるというところです。
今迄のレシピ本にはあまりなかったポイントです。

例えば、上の画像の「ひらひら大根と豚肉のさっと煮」、大根をカブ、人参、キャベツ、白菜、水菜、春菊、あるいは椎茸・切り干し大根などに替えてもいいし、豚肉をもっと安価な薩摩揚げにしたり、焼き豆腐・ソーセージ・鳥肉団子にしても美味しいです。
たった一つのレシピでも、その時々にあるもので、あるように作れば飽きが来ないで使い回せます。

調味料も出汁とみりんと薄口醤油ですが、たまには七味を一振りしたり、すりごまや生姜をおろしたり千切りにしたりして加えてもいい。
自分の好きなもの・好きな味に替えてもバランスを崩さずに美味しくできるのは、シンプルだからこそなのかなと思います。

あと、なにげに大原さんのレシピだと野菜が食べやすいです。

今回、この3冊を買ったので、いくつか作ってみて、自分に合っていると思えたので、レシピ本のあまり使わないものや、どうもイマイチだったものは処分しようと思います。
(処分:従姉妹たちにまわすw)


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。