物騒なタイトルですが、田舎に住んでいると本当に緑との闘いになるんです。
毎年のこととはいえ、とうとう音をあげて草刈り機と生け垣バリカンを買いました。

マキタ(makita) 充電式ミニ生垣バリカン 刈込幅260mm 18V 3.0Ah バッテリ・充電器別売 MUH267DZ

マキタ 充電式草刈機 分割棹 18V バッテリー1個付・充電器付 MUR183UDRF(楽巻きナイロンコードカッタ付きお買得セット)

以前にマキタの充電式掃除機を買っているので、バッテリーが同じものが使えるので、マキタで揃えてみました。
原野の草刈りとは違って、家屋敷の敷地内の草刈りくらいなら充電式で十分に間に合います。
とくに今回欲しかったのが、ナイロンコードカッターでした。
金属歯のチップソーと違って、太めのナイロンコードなので植木や石などのある場所での草刈りが一気に楽になりました。

自然がいっぱいというのは、苦労もいっぱいあるんです……。

家の土台まわりの取りにくい草には熱湯除草一択です。
ちなみに根の深い草にはあまり効果がないので、何度か繰り返す必要があります。
一度にきれいにできなくてもいいんです。
短いスパンで繰り返せばいいのです。
そのへんは家の中の掃除と同じです。

ちなみに腕貫と顔まわりの防虫ネットは必須ですw


Secret