本日、布ゴミの日でしたが、自分の分の2袋を運び出していると、母親から「これもお願い」と渡されたのが5袋!
一度、捨ての精神的な峠を越えると、あとは楽に捨てられるようになる様子。
母親いわく 「ああ、これですっきりした!」 とな。
なんだ、分かっているじゃないかw

冷凍庫の整理整頓が終わって、現在、運用と活用のアレコレの段階です。

16-06-27 冷凍-01

Yサイズの平たい大きいのは、魚の切り身を入れるのにほとよい大きさ。
特売だったサケの切り身を、酒と塩を少しふりかけて、一回分ずつ小分けにして冷凍。
ラップでもいいけど、ポリ袋のほうが扱いやすいので……。
定位置・定量が決まっているので、新しく買ってきたのもこれにそのまま追加すればいいのです。

16-06-27 冷凍-02

今回、新たに始めた試みが、お味噌汁の具です。
朝、2人分のためだけ野菜を切って~ というのが以外と面倒に思えるのです。
真冬のような寒い季節なら、あらかじめ加熱下ごしらえした野菜を使うのですが、暑い季節になるとそれはちょっと微妙になってきます。

それに、玉ねぎ1個ぜんぶを使うには多すぎるので、四分の一とかカットした残りを仕舞っておくのも、冷蔵庫とはいえ傷みやすいです。
いろいろと調べたりして考えたのが、一回分の具をまとめて冷凍して使うという手段。
写真は玉ねぎと人参とアゲですが、しめじ、わかめもあります。
あと、いまの季節だと、茄子のみそ汁も美味しいのですが、我が家のような自分の畑で作った茄子だと、結構でかいのです。
1本全部をみそ汁に使い切ると大勢様な量になっちゃう。
しかも、その都度、包丁で切って、水にさらしてあく抜きして~ と……。
正直、めんどくさいw
調べてみると、茄子も冷凍できるんですね。

いろんな野菜を食べるためにも、まとめて下ごしらえして、一回分すつ小分けにして冷凍しておくと、調理の手間がはぶけていい感じです。
茄子も、あく抜きしたものを、キッチンペーパーなどで水気を拭いてから冷凍しておくと、すぐに簡単に料理に使えます。
玉ねぎ+人参+しめじ+茄子のタッパーは、普通にそのままみそ汁でもいいし、パスタの具にも使えるので、手間なしに調理できます。

献立の予定をたてて、カレーやシチューなどの場合は、じゃがいも以外をまとめて下ごしらえして冷凍しておけば、当日、じゃがいもを処理するだけですぐに調理できます。

ただ、捨てたらいけない、食べ物を粗末にするなんて という意識での、問題先送りの棚上げ冷凍から、日常の生活に活用するための冷凍にステップアップできるようになったのではないかと思います。
本当に、食べ物を粗末にしないための一番効果的な方法は、食べきりで作る ことです。
田舎の大家族で暮らしてきたので、そこがなかなかに感覚が切り替えられないので、作り置きで運用するもの・食べきりで作るものと、上手に食材の準備をしておこうと試行錯誤中です。

みそ汁の具の冷凍運用は、意外といい感じに回っています。





Secret