上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、怒濤の冷凍庫片付け大作戦から一週間が過ぎました。
実はですね、みなさんが「圧巻です!」とあきれていらっしゃった光景、母親もあきれていたのですよw

全部出して、チェックして、残すものと、もう食べたくないものを選別して、あの専用のタッパーに詰め替えて冷凍庫を整理整頓して、実際に運用して一週間たったわけです。
どこになにがあるのか一目瞭然なので、記憶に頼らずに管理できるというのは、かなり快適です。
会社とか工場などでの物品管理でも、この部分は合理化のキモになることです。
個人の記憶だよりではなく、誰でもすぐ分かるような方法で管理するのは、家庭でもかなり大事なことだと思います。

フリーザーバッグをやめてタッパー容器に入れ替える方式は、初期コストがかかるのですが、逆に考えると使い捨てじゃないので長い目でみるとかえってお金がかからないのではないでしょうか。
フリーザーバッグも使い捨てにするには、かなり高いですものね……。

食べて空いた容器は、別の物を入れてまた使うのですが、そのときに袋と違って定型で形が決まっているので、簡単に位置を入れ替えられます。
整頓がしやすい というのも、今回の改善の結果です。

一目で中身が見渡せるので、在庫調整(献立への組み込み)がしやすいのです。

誰が見てもわかりやすい
出し入れがしやすい
誰でもできる方法
わかりやすいから使いやすい


というのが、一週間たった現在での感想です。

一週間、実際に新しい方法を使ってみて、母親も納得した様子で、残りもう一台の冷凍庫の整理に必要なタッパー代を出してくれるという申し出がありました!
そして、本日、めでたくすべての冷凍庫の整理整頓が終わりました。
古いものもかなり発掘されたので、そこは二つ返事で廃棄処分に同意してくれました。
数年前の冷凍庫整理で、古いものは惜しんでも美味しくないのが身にしみてわかったからでしょうねw

数年以内には冷凍庫を減らしたいので、今回の冷凍庫の整理整頓は、必要在庫を把握しやすくするための布石でもあります。

戦いは終わったのですが、今後の維持管理がうまく続くようにがんばりたいです。



Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。