上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月も半ばすぎ、この季節になると卒業・入学やら新卒入社やらで、いろいろと文章を取り扱うことが増えます。
書くほうもいろいろと忙しい中に、あれこれと書かされて大変でしょうねえ……。

社会人になって、学校の勉強で一番役に立つ学科は、基本的なものはともかく「国語」だと思います。
会社の書類、メールでの連絡のやりとり、稟議書、計画書、企画書、プレゼン資料……ほぼすべてのものが文字ベースなので、国語力の有る無しは、意外と仕事に響きます。
さらに欲を言えば、手書き文字が美麗でなくてもいいけど、誰が読んでも読める普通レベルの書き文字であれば良いですね。
学校の授業では決して教えてくれないことなのですが、手書き文字の読みやすさというのは、それを読む立場の人にとっては相手への好感度のかなりの部分を占めると思います。
字も個性のうちという考え方もありますが、どうせなら良い方向の個性と取ってほしいですよねw

字に自信がないのなら、せめて丁寧に書くこと、他人が読むことを意識して書くだけでもずいぶんと違うと思います。
自分だけが読む手帳なら、なんでもかまいませんが、人が読むものは丁寧に書く これだけでも印象度はかなり違います。

点数にかかわる学校の勉強はともかく、このへんの 大人の知恵と価値観 は、子どもに教えてあげてほしいなと思います。

そして、社会人になって独立するときに必須なのが、男女関係なく生活技術だと思います。
衣服をきれいに保つお手入れや、洗濯、部屋を掃除する、健康を維持するための食事の仕方、料理の技術、お金の管理の仕方などなど。

昔、働いていた会社の寮で、新入社員がご飯の炊き方すら知らなかった人もいました。
掃除なんてしたことがなかった人もいました。
家事とか生活技術は、大人になったら自然にできるようにはなりません。
だから、今もって私なども、片付けやらなにやらで苦労しているのです……w
新しい環境で、新しい人間関係で、したこともない仕事をして、ヘトヘトになって、どうしていいか分からない生活のためのアレコレまで、全部、新しいことずくめというのは過酷です。

子どもが本当に可愛いのなら、大人になったときに困らないように生活のための技術、金銭管理のやり方、社会の大人目線の知恵と価値観も少しずつ教えて実践させてあげてほしいと思います。

こういう学校では教えてくれないお勉強も大事。

と、早春のこの時期になると、毎年思うことです。


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。