上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンやモニタは、家庭ゴミとして廃棄できなくなって久しいのですが、以外とその捨て方を知らない方が多いとか。

処分したいPCに、「PCリサイクル」のシールがある場合は、処分にお金はかかりません。

PC3R 一般社団法人 パソコン3R推進協会

該当するメーカーの窓口に申し込み、手続きして、ガイドラインにそって処理するだけです。

ひとつだけ注意すべきなのは、PCのハードディスクのことです。
私は、メーカーPCの場合でも、最後にはHDDをドライバーで取り外してから送り出していました。
取り出したHDDは、T8とT6という先端が☆型になった特殊なドライバーが必要ですが、完全に分解できますし、分解できたら、単なる不燃ゴミとして捨てられます。

ハードディスクを分解してみる

こんなふうに、分解の仕方も検索すれば出てきます。

モニタもメーカーサイトで処分窓口がありますので、同じように処分できます。

梱包は、別に購入した時に入っていた箱である必要はありません。
輸送時にばらけたりしない程度に、適当な段ボールでいいのです。

メーカー品のPCじゃなくて、自作系BTOカスタマイズと言われるタイプのPCの場合。
これは私の使うPCに多いのですが、廃棄する場合は、HDDを抜いて、使えるパーツがあるのなら自作する人に譲ったりしますが、大抵は、完全に分解して不燃ゴミで捨てています。
ドライバー1本でキレイに分解できます。

まれに、PCリサイクルシールのない、液晶よりも古い時代のCRTと呼ばれたモニタが眠っていた場合ですが、これに関しては少々お金がかかりますが、各メーカーの処分窓口から処分依頼することができます。

捨てるのにお金がかかるけど、置いておいても、結局はいつかは処分しないといけないわけです。




Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。