梅雨も後半戦になりました。
ずいぶんとブログもご無沙汰でしたが、元気にアレコレとやっておりますw

梅雨の時期の保存食の「梅仕事」で、梅干しをつけ込んだり、シソをむしったり、5年ものの古い梅干しを加工したりと、ごそごそとやっておりました。
我が家の場合、梅干しは1年目はそのまま普通の梅干しで、2年目になるとみりんにつけ込んで塩出ししたものにするのですが、さすがに容器の問題もあって5年目になるとみりん漬けから上げて加工します。
種を抜いて、天日干しして刻んで瓶詰めに。
種を抜くときにどうしても果肉が結構ついているので、それを裏ごし器でこそげ落として、白だしとおかか、薄口しょうゆをほんの少しいれて、おかか梅に。
漬け汁のみりんは、梅干しの酸味と塩分が溶け込んでいるので、浅漬けを作るときに、少量使ったりします。

そんな加工作業の合間に、手持ちの布で光り焼けのひどいものを染めたりしていました。


15-06-06 パッチ-02

先日の記事で、作りかけのパーツもかなり揃ってきました。

15-07-01 こたつ掛け

こたつ掛けですから、まだまだ育てないといけないのですが、だいたいこんな感じになります。
スクラップ布の使い切りを目指してがんばろうw

ロイヤルブルーのところを色を変えて、ベッドカバーを新調しようかなあ。


Secret