ちょっと前に、「ためしてガッテン」がストレッチがテーマでした。

肩コリも転倒も防ぐ!新常識“伸ばさない”ストレッチ!

ゆっくりと時間をかけて負荷をかけるストレッチって、なかなか続かない……。
主に私の怠け心が原因。
スロージョギングみたいな方法は割と続いているほうだと思う。
毎日は無理だけど、なんだかんだで、ルームランナー低速で1日30分くらいはやっていられるから。

ストレッチがテーマの回は、見ていて面白かったのが、普通の静的ストレッチは念入りにやったからといって怪我を防ぐ効果はないというのです。
ストレッチって運動前にやると怪我を防ぐんじゃなかったのね?
ゆっくりと時間をかけて負荷をかける静的ストレッチは、体の柔軟性は増すけど、筋力は落ちるのかあ。
入念にストレッチして体をほぐしている人のほうが、逆に捻挫とかしやすいというのはびっくり。

番組の最後に紹介していた「ふりふりストレッチ」のうち、腰痛を防ぐ「お尻ふりふり」は、実際に知り合いのおじさんが腰痛で針治療に行った鍼灸院の先生に、おなじことを指導されたそうです。
針治療とこのふりふり体操で、おじさんの腰痛は回復したとか。

この番組をみてから、朝起きたら、トイレに行った後、「足ふりふり」をやっていますw
仕事の合間に、イスに座って固まった腰をほぐすように「お尻ふりふり」もw
肩こりもかなり効果があるように感じます。
がんばってやらない、ほどほどに力をぬいて「ふりふり」「てれてれ」でちょうど良い感じ。

腰痛予防ストレッチ

片付けも、ムキにならない、ほどほど加減で続けるのが一番かなあと、最近よく思います。
自分がムキになっていた頃と違って、最近は割と母親の反応がいいのですよw

ま、自分の不精さの言い訳じゃないけど、物事ほどほど加減が、自分も周りも楽なのかなあと思います。




Secret