まわしといっても、お相撲さんのアレじゃありませんw
切り回しという意味です。

仕事が冬の繁忙期に入りました。来年の4月あたりまで余裕がなさそうです。
そこにもってきて、今年度は自治会の役員などというめんどくさいお仕事も……orz
自宅仕事だと、仕事場通勤と違って、仕事が忙しくて無理といっても通用しないのですよね(苦笑
正直なところ、勤務時間と違って、仕事の納品でしか報酬がないのですから、労働基準法なにそれ状態w
まあ、自分で選んだ状態なので、仕方ないと言えば仕方ない。

自宅で仕事をしているからといって、時間に余裕があるわけではないので、どうしても家事にとられる時間をできるだけ減らしたい切実な思いで、いろいろと考えているのです。
掃除・洗濯はほどほどにやっても基本的な時間というのは、ほぼ固定なので、改善とか改良は無理。
そうなると家事のなかで一番改善の余地がありそうなのがご飯作り。
かといって食にかける手間を惜しんで手抜きが過ぎると、かならず自分自身や家族への健康・精神的満足感に影響がでます。
そこを回避しつつ、もう少し楽にできないものかと思案中です。

・作り置き
・素材の下ごしらえ
・おかずの素になる半完成品

これくらいしか考えつかないのですが、これを運用するための基本は一週間規模の「献立計画」に行き着きます。
ある程度のレシピの蓄積はあると思うのですが、先に献立ありきの賄いはあまりやったことがないのです。
農家ゆえのことなのかもしれないですが、まずは、ある材料から作れるもの・食べたいものを考える方式が身に染みついているようです。

仮にきっちりと献立計画をたてて、その通りに実行しようとしても、たいてい途中で、いろいろな頂き物や予定していなかった収穫物などで計画どおりに運用できたためしがないのですよ……。

そんなこんなで、ついついこの2冊を買ってしまいました。

エッセで人気の「つくりおきできるおかずの素」を一冊にまとめました・決定版 (別冊エッセ とっておきシリーズ)

つくりおきサラダとマリネ (別冊ESSE とっておきプレミアム)

結構使える中身ですが、ここから自分のやり方、家族の好みにあった「切り回し方」が組み立てられないものかと苦戦中です。

たかが家事、されど家事。
ほんとに難しい……orz






Secret