数年前に、カタログギフトで、スティック型の掃除機をいただいた。
サイクロンとかスケルトンとか、スティック型とか話題になっていた頃だったので、これがあったら、きっとお掃除がもっと楽ちんになるのではなかろうかと夢見たわけです。

ええ、ええ、すてきな掃除機でささっとお掃除しちゃうステキなアタクシを夢見たんですよ……。

カタログギフトのレベルですから、結果は推して知るべしですw
届いたものを開封して、まず最初に、その重さにテンションがだだ下がり……。
さっそく使ってみると、爆音レベルじゃなかろうかと思うほどの音の大きさと、重さも含めて使いにくさに
「……失敗した?!」

ダストカップがスケルトン仕様なので、吸い取ったゴミが見えるので、いかにも掃除したという気分にはなれる。
当たり前だけど、スケルトン仕様なのだから、掃除機を使ったらすぐにゴミを捨てなきゃ、ゴミが丸見え。
ゴミ捨てのためには、いちいちモーター部分と吸い取りの先端部分を外さないといけない。
ダストカップの中身をゴミ箱に捨てても、ダストカップのプラスチックの内側に微細なホコリがついているので、結局は毎回水洗いが必要になってくる。
フィルター部分も、軽くコンコンと打ち付けるとホコリが……。
この掃除機を使うたびに、ダストカップとフィルターを含めて毎回水洗いすることになる。

もう一台ある普通の平凡な掃除機(紙パック式・Panasonic)のように、細かく丁寧に隅々まで使えない。
前後にしか動かないので、いちいち本体ごと持ち替えて動かさないといけないので、よけいに重さがつのる。
しかもヘッド部分が結構大きいし、曲がらないので、狭い場所、家具の下や隙間などには使いにくい。

夢見てカタログギフトの他のものよりコレを選んだのは私。
だから、よけいにダメだったとか、いらないとは言いにくかった……orz

本当に紙パック式の平凡な掃除機と比べて、この手の紙パックのいらない掃除機がお得なのか、コストが安いのか心底疑問に思えてきた。

サイクロン式掃除機の仕組みと長所短所 - 掃除機その3 ...

普通の紙パック式掃除機のほうが、私には使いやすい。
なによりも掃除機を使ったあとの後始末の手間まで考えたら、必要な手間と時間というコストが紙パック式のほうがいい。
紙パックそのものコストだって、正直、年間そんなに必要じゃない。

そんなこんなで、自分が選んだモノなので、ため息をつきながら後始末をしていたら、
「それは、ほんとにつまらん(ダメなもの)。」
「使いにくいよねえ……。うーん、紙パックのほうだけにしようか。」
「うん、いらん(いらない)。」

ということで、満場一致で廃棄処分決定です。
決まったら、なんだかうれしくなってきたw
自分が選んだモノだからと、捨てたいとは言い出せなかったのが、かなり重荷になっていたようだ。

モノがあるだけでは、夢見る自分は実現しない。
モノが実現してくれるのではない。
実現するのは自分。

手痛いお勉強になりました……。


Secret