上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14-08-13 ヨーグルト02

水切りヨーグルトが美味しかったので、ヨーグルトの消費量が増えて、買うより作ったほうが安上がりじゃないかしらと思ったのが自作ヨーグルトの始まりでした。

いろいろとやり方とか調べてみて、結局のところ、初心者ゆえにへたにケチらずにきちんとしたヨーグルトメーカーを買うことにしました。

TANICA 【温度調節機能で市販・カスピ海・ケフィアヨーグルト / 納豆・甘酒に対応】 ヨーグルティア スタートセット ブルー YM-1200-NB

ヨーグルトメーカーは安いのは1000円くらいからあります。
でも、あえてこれに。
ほぼ失敗しないことと、ヨーグルト以外の発酵品(塩麹・ミソ・甘酒など)も作れるというのが魅力でした。

・牛乳1リットル
・種ヨーグルト 100g

基本的に必要なのはこれだけです。
カスピ海ヨーグルトとかも作れるのですが、種の入手がめんどうなので、普通に市販のヨーグルトを種にした基本のヨーグルトを作っています。

地元で売っている牛乳をいろいろと試してみて、ちょっとお高い(あんまり特売にならない)牛乳と、ダノンビオの無糖を種に作るヨーグルトが、我が家では一番の人気です。
ちょっとお高いとはいえ、しょせんは牛乳です。
1リットルのヨーグルトが、原価計算でも材料費が300円でおつりがくるくらい。

自作するとヨーグルトって、こんなに美味しかったんだと驚きでした。
美味しいので、水切りするより、そのまま食べちゃう。
乳製品があんまりすきじゃない母親でも、ダノンビオの酸味のきつくない生クリームのようなヨーグルトなら喜んで食べてくれます。

気がついたら、水切りヨーグルトをつくるための容器をまったく使わなくなっていましたw
現在、保留箱に入っていますが、このままずーーっと出番がなさそうな気もします。
さてさて、この先、どうなることやら。




Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。