床のリフォームが終わって、あとは来週の建具が入ったら、正式に今回のリフォームは終わりです。
食器棚・テーブルのほうは、届くのはもう少しかかりそうです。

毎日の台所作業で、使うもの・使ったものだけを戻していこうと考えて、キッチンツールも大半はまだ避難先の仏間にあります。
床のリフォームを終わってほぼ一週間ですが、その間に確実に使ったモノ・必要だったものは、実はそんなに多くなかったのです。
母親の目があるので、「捨て」処分まではいかないけど、日常づかいのツールでフックにぶら下げているものは、以前の1/3くらいに減っています。
そんな中で、新しく仲間入りしたツール。

オレンジページスタイル シリコーン計量スパチュラ(ブラウン) OPS-071

小さめのお玉サイズで、中に大さじ・小さじの分量の目盛りがついています。
これ一つで、
・調理しながらの調味料を計って入れる
・スパチュラと同じような使い方ができる
・炒め物・チャーハンの木ベラのように使える

しかも、計量スプーンを洗う手間がなくなるし、なかなか使い勝手が良いのです。

計量スプーン(大さじ・小さじ)2本
木べら
小さいお玉
スパチュラ2本

この1本を導入しただけで、これだけのツールが収納庫行きになりました。
1年たっても収納庫から出ないようなら、改めて「捨て」処分にします。

もうひとつは、菜箸を竹製からシリコンのものに変えたことです。
竹の菜箸はお安いし、どこでも売っているのですが、あれは揚げ物とかに使うと、すぐに箸先が黒くコゲてしまって、頻繁に買い換えすることになるのが悩みの種でした。
これで簡単にキレイを保てるかなあ。

シリコン菜箸の使い勝手は、悪くはないですが、上の計量スパチュラも同じで、ちょっと重たいです。
新しいツールの重みが、母親にとって受け入れられるかどうかは、ちょっとした賭けになりそうです。





Secret