先日の記事にも、ちょこっとだけ家のの補修をすると言っていたのですが、最初は居間の床のリフォームだけの予定でした。
畳の部屋だったのを、完全なテーブルとイスの生活になったので、今後のメンテナンスを考えてフローリングにしようと。
さらにあちこちガタがきている水栓の交換程度の話だったのですが、実際似工務店さんに来て貰って見て貰い、いろいろと話し合った結果、居間と台所の段差を無くすバリアフリーもかねて、台所と居間の床も施工していただくことになりました。
ついでにお風呂場に3箇所の手すりも。
バリアフリーに関しては、母親のほうから言い出したことです。

工務店さんとの一応の話し合いが終わってから、正式な見積・契約発注までの間に、さらに母親と話し合ってみました。
いまの台所奥の母親の寝室からの動線をきちんと安全にまっすぐにしようと。


14-06-19 台所

現状の動線ですが、ちょっとナニコレな無理矢理すぎる配置です。
重厚長大ものが好きな亡父の選んだ食器棚は、横幅が180cmもある大型のものです。
入れるときは、家具屋さんが運んでくれるので、どんなに大きかろうとそんなに問題はないのですが、処分するとなるとこの大きさが道を阻んで、どうにもならなかったのです……。

そこで、今回のリフォームで、思い切って食器棚を処分して、もっと安くてもいいから今の暮らしにあったサイズにして、食器棚の横に冷蔵庫を収めて、動線をすっきりさせないかと提案してみました。

そのついでに、テーブルも大きな昔の6人用から一回り小さいものにして、いまのような傷を付けないように気を使う高級品じゃなくて、安物でもいいから傷を気にしないようなものに買い換えて、テーブルクロスがいらないようにしようと。

しばらく考えている母親に、だめ押しで、「楽に暮らそうよ。」と。

ためらっている母親の心配のポイントは、新しい食器棚・テーブルに何十万も使うのは……でした。
父親の木へのこだわりの果ての買い物の仕方を見てきた母親には、食器棚とかテーブルは十万単位のものだと思っている様子。

自分で組み立てるのなら、結構大きいものでも3万円くらいからあります。

キッチンすっきり収納シリーズ 税別 ¥19,000~¥34,000

私が今回考えている食器棚はこういうのです。
扉が開きではなく、引き戸なので出し入れのための余分なスペースが少ないことと、ガラスではなくアクリルのスモークタイプなことです。
色はブラウンを。

テーブルは、処分に同意はもらいましたが、なにを次に買うかはまだ協議中w

正式な見積をいただく前に、食器棚とテーブルの廃棄処分もお願いして快諾いただきました。

捨てると決まった日から、母親の行動がまさに疾風迅雷とか怒濤の勢いとかという表現がピッタリの迅速さです。
次の日には、もう居間のものを片づけ始めたと思ったら、あれよあれよという間に食器棚から食器を取り出し始めました。

今使っているもの、今後も使うものだけを残して、どんどんゴミ袋に入れていきます。
私がどうにかしたかった大勢の来客用の湯呑みとかガラスコップも、容赦なくゴミ袋へ……w

今回、台所が使えなくなるので、お茶とか準備できないのだし、まめしばさんに教えていただいた手法で、ペットボトルで行こうということになったのです。
さらに、今後、大勢がくるようなことになっても、その場しのぎの紙コップやアクリルカップで使い捨てしてもいいじゃないかと。
そのことで周りからとやかく言われるのなら、それはそれ。
うちはうち、よそはよそとw

長い間、悶々ともくろんでいたことが何だったんだろうというほど、あっさり・すっぱりと母親が捨ててくれましたw



14-06-19 食器棚

14-06-19 処分する食器

そうして、食器棚も今使っているものだけになり、大量のゴミ袋入りの食器がゴロゴロとw
リフォーム費用が痛いですが、母親にとっては良い区切りとなったのかもしれません。

工事は来週からです。




Secret