上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来週が数ヶ月に一度の布ゴミの日なので、プレ衣替えもかねてせっせと衣類の整理中です。
冬の間に今季かぎりと着倒したもの、交換時期になったシャツ、もったいないと惜しんではみたもののこの冬も一度も着なかったものなどなど。

これを着ているのを他人に見られても平気?

このへんを判断基準の基本において、さらに今年は

3年着なかったよそ行き

こっちにも決断の大鉈を振るうことにしました。

家着も基本は「ワンマイル・ウエア」を心掛けて選ぶようにしています。
私のような引きこもりは、正直に認めるとよそ行きな洋服って、シーズン2セットあれば充分だとわかっちゃいるんです。
それでもなかなか思い切れないのが、業かもしれませんねw

よそ行き認定の洋服を、全部とっかえひっかえ、一人ファッションショー。
そうして、もったいないのココロを上回る着心地が気に入らないので自然と敬遠してしまうもの、そのもの単品では好きだけど他のものと合わないものを、えい、やっ!とゴミ袋行きにしました。

その結果として、スラックス専用ハンガーが5本空きました。

シンコハンガー リレースラックス

これ、10年くらい前にホームセンターで見つけて以来、愛用していました。
プラスチックものですが、結構しっかりした製品で、バーの部分に厚みがあるので、扱いやすくてシワになりにくい良いものです。
なので、空いたからといって捨てるのにはしのびなかったのです。

クローゼットから持ち出して使うのには、いささかカッコワルイ。
やっぱりクローゼットで使うのが一番。
ふっと、夏用のキャミソールをハンガーのバーに掛けてみると、あら、いい感じ!
普通のハンガーだと滑り止めつきのハンガーでないと滑り落ちたりしてイラッとすることになるのですが、このスラックス用だとバーが真っ直ぐなので、掛け外しがすごい楽ちん!

しかもフック部分が360度回展するので、ハンガーの開口部を手前にして掛けておけば、いちいちハンガーごと外して取り出さなくても、そのままで掛け外しができるんです。
滑り止めつきのハンガーだと、片手でスルッと引っ張り出すことがやりにくいのも、イラッとする一因だったんですけどねw

同じハンガーを連結して掛けられるので、キャミソールだけ一連でまとめられるのも使いやすいです。

従姉妹にこの話をしたら、なにやら閃いた様子で、Amazonでわざわざ買ったとか。
それも10本。
使い道がスラックスとかパンツじゃなくて、ブラとショーツのセットものを一緒に掛けて使うためだそうです。
収納するのも使うのも、1セット1ハンガーなので、すごく簡単で楽ちんなのだとか。

なるほど、そういう使い方もできるのか~と、感心しました。


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。