14-05-11 タイムの花

タイムの花

14-05-11 猫-04

猫さん、ごーろごろ。

いい陽気になって、家のまわりには花が溢れています。
いま、ちょうど芝桜が見頃です。
そして、ニャコムは、あたたかいコンクリートが気持ちいいらしく、ごーろごろです。


洗濯機が全自動になってから、いまので2台目なのですが、二層式だったころには予想もしなかった全自動だからこその問題があります。
そう、洗濯槽の汚れ・黒カビです。
これは、どなたも悩まされている様子で、検索すると洗濯槽の掃除についてのアレコレがヒットします。

我が家もいろいろと試したり、こまめに洗濯槽のクリーニングをしたりとやってきたのですが、手間が掛かる割にはあんまり効果ないんですよねえ。
もちろん漂白剤や洗浄剤つかった直後はきれいになるんですが……。

なんとかならんもんかいと調べまくっていたら、面白いものがありました。

洗濯槽快 2個+ネット入り

Amazon評価が3以下が無いというのもスゴイ。
どうやら、ホタテの貝殻を焼成した微細な粉らしいです。
使い方はいたって簡単。
洗濯物と一緒に入れて洗うだけ。ただし、乾燥コースになるまえに取り出す必要があります。
うちの場合、乾燥機はないので、入れっぱなしでOK。

Amazonのレビューも、なかなか高評価だし、お値段もそんなに気になるほど高いもんじゃない。
これで少しでも問題が改善するのなら、と。

結果は、大当たりっぽい。
最初の1~2回は、黒い小さな汚れが出たけど、3回目あたりからはそれも無くなりました。
洗濯機を使った後には、洗濯槽の上縁とか微妙にざらつくような汚れがあって、気を付けて除菌クリーナーで拭いていたのだけど、ホタテの粉を使うようになって、そういう気になる洗濯槽の汚れがほとんど無くなったように感じます。

思うところがあって、洗剤を「緑の魔女」シリーズに変えたので、ついでに洗濯用も「緑の魔女」に変更したのですが、これがまたホタテと相性がいい感じ。
洗濯担当の母親が、ホタテと魔女はええわ~! とご機嫌なのです。
ふぁーふぁも良かったけど、魔女とホタテがいい! と。
綿製品が真っ白になるし、肌触りがすごく良い感じで、柔軟剤もちょびっとしか使わなくても済むのがいいというのが母親のコメントです。
実際、ホタテと魔女に切り替えてから、洗濯物の感触が変わったように感じます。

長い間、お掃除とかに「とれるNo.1」を使ってきたのですが、これが家族からは結構評判が良くなかったんですよ……。
台所のコンロまわりの清掃にはバツグンの効果を発揮しますが、お風呂掃除・トイレ掃除には、めんどくさい割に劇的にキレイになったような気がしない。
微生物そのものなので、扱い方がめんどうだし、匂いがイヤだと言われていました。

確かに良いものですし、環境にもよいのでしょうけど、コストと手間という問題が結構が大きかったのです。
「緑の魔女」は、合成洗剤ですが、汚れを食べる微生物の栄養となる成分を含んでいるので、生分解力が高まるとか。

お試しもかねて、洗濯用とお風呂掃除用を導入してみたのですが、洗濯はホタテとともに母親に大好評でした。
お風呂掃除用はどうかというと、これもかなり良いです。
我が家はバブル以前の昭和なお風呂です。
床はタイル貼り、浴槽はステンレスという古いタイプのお風呂。
浴槽はそんなに苦労はないけど、床のタイルの目地をキレイに保つのにものすごく苦労していました。
「とれる」も結構良かったんですけど、量が必要でした。
「魔女(バス用)」を、スプレー容器に詰め替えて使っているのですが、おなじような手順で掃除していても、あきらかに「魔女」に変えてからのほうがタイルの目地のキレイ度があがっています。
量もそんなに必要ないのです。
母親からも、風呂のタイルの目地がキレイになったとお墨付き。

トイレ用は、Amazonのレビューでおもしろい使い方がありました。
貯水タンクに使用するたびに1~2滴入れると、タンクも便器もキレイになると。
トイレマジックリンのタンクに置くだけの空き容器をキレイに洗って、「魔女(トイレ用)」を入れて置いてみました。
今の所、サボリングも生まれず、いい感じかも?

楽してキレイを保てるのなら、今後、全面的に「魔女」シリーズに切り替えようかな。



Secret