上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いままで、主に自宅での備えについて考えてきましたが、「避難」についての備えは、正直、考えれば考えるほど難しいです。

自宅に居られないから避難する場合は、ある程度のものが持ち出せます。
仕事場や出先で被災して自宅に戻れない、自宅が消失した場合は、ほぼ身一つでの避難になります。
こういう状況になったら、非常持ち出しの準備をどれだけ入念にしていても、どうしようもないです。

避難所では、いろんなケースの人が集まります。
準備万端、フル装備の人(滅多にいないけど)
そこまで考えていなかったので取り合えず適当にもってきた人
文字通り身一つの人

もし自宅を出て避難する場合にどうするか、どこに行くのか、なにを持っていくか。
一番最初に、財布でしょうというお話。

震災発生!必ず持ち出すべきものは何か -防災ビジュアル図鑑【1】

いや、これを読んで、あまりにも当たり前すぎて、自分がモノにこだわりすぎていて、うっかり考えてもいなかったことに気付かされました。

財布の中に、免許証、健康保険証、現金2~3万円 を常に入れておく。
この場合は現金は、災害時の備えなので、折りたたんで普段は使わないように入れておくといいです。

災害時に停電になったら、いくら銀行にお金があっても、ATMは動かないし、下手をすると銀行の支店窓口が機能しないこともあります。
ネットバンキングも、ほぼ使えない可能性も……。

当座をしのぐためにも、絶対に現金が必要になります。
災害で、通帳も印鑑もキャッシュカードもを失っても、特例でお金を引き出せる措置があるのですが、そのためには本人確認ができる身分証明手段が必要です。

非常持ち出しに権利証や保険証やら通帳やらを詰め込むのは、盗難のリスクがありますので止めたほうがいいです。
EXCELなどで、自分や家族のお金と保険の管理リスト を作っておくといいというのは、なるほどと思いました。

内容が内容だけに、取扱いと保管には注意が必要ですが、これは絶対に必要なことだろうし、家族とシェアすべき情報かもしれません。
同じように普段携帯に入れている各家族の勤め先・学校・親戚などの連絡先も書き出してリストにしておくことも必要かも。

さらに、持ち出し袋には、千円札を10枚くらい入れておくというのも納得。
1万円札ではおつりがないと断られる可能性もありますよね……。

ちなみに、我が母上も、持ち出しになにもかも大事なものを詰め込もうとした人ですw

持ち出し・避難所生活で必要なものには、男女・年齢・家族の状況で違いがあるものがあります。
女性は絶対に必要になる生理用品。
これが、支援物資の中ではなかなか届かなかったりするそうです。
男性目線では、必要という認識がないか、優先度がぐっと下がるかららしいですが……w
自宅での耐乏生活でも、生理用品があるとないとでは大違いです。
かさばっても生理用品は入れて置くべきだと思います。
ナプキンだけでなく、オリモノシートがあれば、着替えのできない状況でも助かったという体験談もあります。

ウェットティッシュ、赤ちゃんのおしり拭き(赤ちゃんのいる家では必須)。
紙皿、紙コップ、サランラップ
のど飴のようなキャンディーか、ちょっとしたお菓子(水が欲しくなるようなものはダメ)
マスク(ほこり避け、衛生面もあるけど、女性の場合はすっぴん隠しになるw)
毛布・ひざかけ
携帯電話・スマートフォンと充電器
ビニール袋(大小、2~3種類あると便利)
使い捨てカイロ
退屈をまぎらわすもの(トランプとか、電子書籍(充電できるという場合のみ)、おもちゃなど)
薬(常用しているもの、処方薬など、薬手帳)
レインコート
避難所生活で眠るために、耳栓・アイマスクがあったら良いとも。
メモとペン
かさばらない懐中電灯
めがねやコンタクトの予備(ただし、コンタクトレンズの人は衛生問題があるのでできるだけメガネのほうが良いかも)
ラジオ(災害時に一番必要なものは「情報」です)
手袋(軍手より農作業などに使う破れない薄手タイプのものが使いやすく安全だと思います)
靴下の予備
家族の写真(家族がバラバラになったときなどにあったほうがいい)


ひざかけ、毛布については、封筒タイプの寝袋を使うという手もあります。
ファスナーを開ければ毛布がわりにもなり、最安値で1000~2000円前後からあります。

いまのところ考えつくのは、こんな感じかしら?

教えて!goo 地震(防災)グッズ 実際必要なもの不必要なもの

こちらで回答されている方で、

大切なことは、
(1)自助、共助、公助
(2)避難所生活における公共性
の認識です。

というお言葉が一番参考になりました。




Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。