今日は、ちょっとバッチイ内容を含みます。


災害への備え、防災品というと、食糧や水が一番のように言われます。
食糧や水も大事ですが、これは今の日本なら3日~5日あれば援助物資が届きます。(たぶん……)
ちょっと極端なことを言えば、人間食べなくても2日くらいはなんとかなる。
水はさすがに無いと命に関わるけど、それでも2日はなんとかなるらしい。
そこまで極限な状態でなくても、災害時に一番本当に問題になるのはトイレだと思う。

災害時でなくても、なにかで1日断水しただけで、普通の水洗トイレは機能停止しちゃう。
使えないわけじゃないけど、流せないから……(略

人間飲まず食わずでも2日はなんとかなるけど、1日トイレに行かないというのは無理でしょう。
被災地の避難所で、まっさきにトラブルが起こるのはトイレだという話もあります。

災害時に一番ベターな方法は、速やかに被災地から脱出することなんです。
だけど、なかなかそれができない事情がそれぞれにあります。
公的な避難所指定の場所なら、いまはそれなりに防災備品の備蓄というのがあるので、なんとかなるでしょう。

自宅で復旧を待つ場合に、一番最初に考えておかないといけない事柄が、食糧や水ではなく、トイレ問題。
我が家の場合は、古いし、田舎だし、現在は屋内のウォシュレットにしてあるけど、古い昔の屋外ポットン便所も残してあります。
祖母の介護のときに使用したポータブルトイレもありますw

震災後にできた高層マンションは、最初から震災時を想定したマンホールトイレやカマドベンチ、非常用発電機のような設備を備えて設計されているものが多い。
が、普通の家庭では、そこまでの設備は難しいですし、想定している人も少ないと思います。

いまの水洗トイレも、断水していても水さえあれば使用できます。
飲料用の水よりも、トイレ用の水が一番大事かもしれないです。
ただし、下水施設が生きている・無傷なことが前提です。
マンションなどで、震災時に排水管が壊れて、水がなんとかなっても使えないというケースもかなりあったようですので、一概には言えませんのでご注意ください。
大きな地震がきたら、「水がでるうちに風呂桶に一杯ためておけ」という話も、トイレ用の水確保のためです。
飲み終わったペットボトルに、水道の水を詰めたものを備蓄しておくのもいいかもしれません。
それも、家の収納に余裕があればのことだし、トイレ問題はなんとか考えないといけない最大の問題点だと思うのです。

あと、水が不自由な状態での生活では、風呂も洗顔も歯磨きも洗濯も、当たり前に水を使うことは出来なくなります。
簡易トイレ (補足 トイレ本体じゃなくて、凝固剤が大事です。本体は最悪でもダンボールとゴミ袋があればなんとかなります。)
使い捨ての「清拭タオル」(ウェットティッシュの大判)
マウスウォッシュ
水のいらないシャンプー
使い捨ての下着(100円ショップにもあります)

災害時に一番便りになって、精神的な生命線ともなりかねないのが携帯電話ですが、これも電気がなかったらいずれ使えなくなります。
そんなときのために、ソーラー式充電器も考慮しておくといいのかも。

トイレという観点から考えると、食糧も飲料も別の見方ができます。
スポーツ飲料やゼリー飲料は、トイレが近くなるのでやめたほうがいいし、乾パンのようなものは水がないと食べられないので、本当はあんまり良い非常食じゃないと思う。
一番よいのは、レトルトのおかゆのようなものかもしれないです。
最悪、あたためなくてもそのままでも食べられますし、同時に水分も摂れます。
我が家は水についてはそれほど難しい環境ではないので、備蓄品にレトルトのおかゆは入れていないのですが……。

被災する季節が寒い時期にかかる場合は、使い捨てカイロの備えもあると助かります。

避難所生活をする場合は、さらに別の要素もいろいろと考える必要がありますが、まずは自宅編ということで自分の体験から考えてみました。
みなさんも、もう一度、食糧と水以外も考えてみませんか?



Secret