我が家は、肉は基本は冷凍保存です。
キッチン用のポリ袋に、一回分ずつ小分けにして、日本酒と塩をひとつまみ混ぜて入れたものを、まとめてフリーザーバッグに入れて冷凍していました。

それも生来のケチ心から、なんかもったいないなあと思うようになり、「捨てないでくり返し使えるもの」ということで、やっぱりタッパー容器かなと。
お肉が1パック丸ごと入るサイズじゃなくて、一回分が入るサイズのタッパー容器をホームセンターで購入してきました。
長方形で薄型。蓋は全部同じ青なので、マスキングテープに油性ペンで「ブタ」「トリ」と書いて貼っておきます。
ミンチとかは、自分でフードプロセッサーで作るので、買うのは全部同じタイプの「豚こま」「とりもも骨なし」なので、それで問題なしw
とりの胸肉は塩麹に漬け込んで、焼いたり、炊飯器で鶏ハムみたいにするので、ほぼ冷凍しません。
牛肉は、家族が好まないので、ここ十数年購入した記憶がないのですw
親戚への訪問の手土産に買ったことはあるかな……。

肉用のタッパー容器を10個増やして冷凍するようにしてからは、フリーザーバッグとポリ袋の購入が格段に減りました。
モノは増えたけど、結果としてランニングコストが減ったかな。


最近、ちょっと思うことがあって、ものが「増えたか・減ったか」を気にするのはやめました。
もう、もの減らしにキュウキュウする段階は、過ぎ去ったと感じたこと。
ものを減らす・片づけるのはいいけど、それは手段であって、目的ではないのだと、改めて思ったことです。

生活を楽しみたいから、趣味のものを作る時間・遊ぶ時間が欲しいから、暮らし易いシステムにしたかったのです。
暮らし易い、我が家なりのシステム・やり方というのは、まだ完成はしていないのですが、それでも方向性だけは決まりつつあるかなと思います。

ものが減っても、楽しみがなくなるのなら意味が無いし、ものが増えても、それで自分や家族が楽しめるのなら問題なし。
管理できるキャパシティさえ見誤らなければ、ものの増減に拘るのはやめようと思います。
定期的にチェックは忘れないようにしますけどね……w

ものの持ち方へのおもしろい特集

捨てる人から学ぶ、ものを溜めないコツ

自分と同じものを暮らしに求めている人がいないので、本当のところ、これらは自分にとって参考程度でにしかならないけど、おもしろい視点があるのでメモしておきます。



Secret