夏は布遊び、秋冬は糸遊び、間にちょろちょろと食いしん坊万歳が趣味なのであります。
ちなみにヘタの横好きを絵に描いたような「おかんあーと」

いくつかご質問をいただいたので、布あそびの方の必須アイテムであるミシンについて。
私の使っているミシンは、ジャノメのCK-1100というものです。
これを買ってすでに10年近くになるかしら?
それ以前には、ごく普通の家庭用ミシンで二万円台くらいのものでした。
結構いい具合に使えて良いミシンだったのですが、酷使しすぎて修理も無理というくらい使いつぶしちゃったんですw

新しいミシンをどうするかということで、いろいろと調べて、

・刺繍ミシンほど高機能でなくてもいい。
・もうちょっとハードに使っても大丈夫なやつ。
・刺繍までいかなくてもいけど、多少は飾りステッチくらいはあったら嬉しい。

ということで、候補にあがったのが、CK-1000というミシンでした。
通販しているショップといろいろと話し合って、後継機の1100という今のミシンに決定したわけです。

一応、カテゴリーとしてはコンピューターミシンという分類になるのでしょうけど、そんな高機能じゃないですw
ぶっちゃけると、表示が液晶なだけ?
ステッチの種類はけっこうあるので、これはかなり重宝しています。

なによりこのミシンに決定した決め手は、糸立てにあります。

カタン糸 50番/5000m 白

こんな工業用の糸が使えるんですよ!
被服製作じゃない、パッチワーク風の私の布あそびだとかなり大量の糸を使います。
普通の家庭用糸だと、良い糸で300m、お安いのだと600mくらいで、600~700円くらいします。
単純に換算しても、糸代が8分の1くらいになります。

以前は、この工業用の糸のことを知らずに、普通に家庭用のシャッペスパンとか買っていたんですよ。
ある日、通販でうっかり間違えてこの工業用糸を買っちゃって、届いたのをみてorz状態w
今のミシンの先代の普通のミシンだったので、当然に糸をセットできずに、さらに凹みまくりました。
間違えたのは自分だし、なんか返品するのは店に迷惑かけるし、どうしたもんかと数日悩んだもんです。

当時の古いミシンも幸いなことに上糸のテンション部分が直立していたので、ミシンの後ろに空になったCD-Rのスピンドルの芯土台を置いて、それに太巻き糸を立てたら、あらピッタリ! ということで、なんとか無理矢理使えるようにしちゃったんです。

使ってみると、私の布遊びレベルには最適でした。
使いまくっても5000m、余裕で一夏遊べましたw
糸代、糸の在庫管理、いろんな意味で、コレは本当に楽でした!

こういう体験をしているので、新しいミシンを買うに当たっては、絶対にこの太巻き糸が使えることが必須条件だったわけですw

CK-1100は、一般の家庭用ミシンよりはちょっと高額です。
ただし、パッチワークとかの専門雑誌に広告されているような高級ミシンよりはもう少し現実的なお値段かと。
このへんについては、おかんあーとで、ニットプロを買うような私ですので、分不相応なものというのは重々承知しております……w
このミシンは、かなり扱いやすいので、私の布あそびだけでなく、母親が自分の服の改造や、雑巾縫い、繕い物などにも使っています。

ただ、やってみて言えるのは、趣味であれ仕事であれ、道具はそれなりのモノのほうが、結果的には出費が減るということです。
出来る事の幅が広がりますし、かつランニングコストも変わってきます。

消耗品である素材のほうですが、布は基本的に古着からとっているのですが、それだけではやっぱり無理があって多少は新しい布を買います。
その際に、定番品を決めています。
綿ブロード、シーチング、天竺などの、どこで買ってもそれなりに定番のものが主体です。
ときどきは用途限定でキャンバスなども買いますけど、おおむね、安いどこでもある生地が主体です。

編み物の糸も、今この「定番化」の段階です。
汎用性のある、編みやすくて、編んだもののお手入れが楽なもの。
一番は、たぶんOpalのようなソックヤーンなんでしょうけど、これを定番化するには懐に厳しすぎますw
純毛のメリノ系が良いのは分かっているのですが、純毛ものは後の扱いが面倒で……。

正直なところ、ウエアを編む気はないのです。
身につけるものとしてなら、帽子、ストール、ハンドウォーマー、靴下とかレッグウォーマー、膝掛けとかそんな感じです。
だってねえ……自分が編んだモノを着て歩けるほど上手じゃないので……orz
洗うの面倒だしぃ(こっちが本音?)

やっぱり作ったあとのことを考えると、純毛よりアクリル混か、アクリル100%くらいのもので十分だなあと思うのです。
昨年のOpalで編んだ「はらまき帽子」がすごく扱いやすくて楽だったので、よけいに「純毛」への評価が下がっちゃったのもあるかも。

エブリデイ  ナスカ内藤商事毛糸

そうやっていろいろと調べてみて、この製品に興味津々です。
口コミみても、かなりの高評価です。
ちなみに、アクリルたわしなどに使うには向きません。
出来なくはないですが、もったいなさ過ぎ。
ウエア向きの手触りと色味です。

適合針が棒針で8号とのことなので、おおむね並太かな。
扱いやすい太さで、便利そうです。

このへんを定番糸として試してみようかなと思います。

Secret