13-10-27 ツワブキの花

ツワブキの花
この花が咲くころには、季節は晩秋から初冬へと移り変わる頃。


久々に洋服を買いました。
といっても、ユニクロですけどねw

買ったのは、無地の綿Tシャツの長袖とフランネルのシャツ、フリースのタートルネックのシャツを併せて6枚。
そして、着古してヨレヨレになったポロシャツを3枚、Tシャツ3枚、あんまりお好みでなかったシャツ2枚、ヨレヨレになったヒートテックのシャツ2枚を布ゴミの袋に入れました。

コットンシャツも好きですが、どちらかというとフランネルが好きです。
柔らかくて、アイロンいらないからw

洋服の買い方も、ここ4年間でずいぶんと変わったように思います。

思いつきで衝動買いが多かったし、5枚組とか、色違いセットとかに弱かったのですw
単品の視点でしか見ずに購入していたので、ひとつずつは気に入っていても、全体で合わせにくくて、結果として出番が作れないものが出てきます。
着ないけど、それ自体は気に入っているので、着ていないからといって捨てられるものじゃないです。
むしろ着ていないからこそ、捨てられないというジレンマがありました。

そうして、衣替えの時にはため息がでるほどたくさんあるのに、何故だか日常的に不自由しているような感覚に悩まされ、次々に新しい洋服を買ってしまうという、負のスパイラルに……。

それも片付けを初めて、自分なりにモノを持つことへの考え方の基準ができてきた今になって見れば、原因ははっきりしています。

・数はあっても用が足りていないから
・全体としてのコーディネイトの視点がなかったから


特に2番目は致命的かもしれません……。
センスネーゼの決定的な理由がここにあると思いましたw

結局、どれもこれも「自分を知る」「自分とよく相談する」ということに尽きるのでしょうね。
ま、だからといって、センスネーゼが急にセンス持ちに変身できるわけもないですがw
少なくとも、以前のような「足りない感」だけは無くなったかなあ。

あとは冬用のコートを新調したいなあ。



Secret