13-10-22 朝霧

早朝、霧が出る日が増えてきました。
こうなると、本当に晩秋。
だけど、ほんのちょっと前まで猛暑だったし、いまだに暖かい日が続いているので、紅葉のこの字も見当たらないおかしな秋です。


「大は小を兼ねる」という言葉がある。
これを、こと収納に当てはめると、結構いやんな状況になることがあります。

うちの母上の場合、よく保存食やら作り置き総菜やらを大量に作ってくれるのだけど、決まって「全部入る」容器に入れたがるのです。
そんなでかいタッパーなんて、冷蔵庫に入れられたら、それだけで大入り満員……。
冷凍する場合でもそうで、フリーザーバッグの大で、ドカン! と……。

それだと使うときに困るからと、たびたびもの申して、ようやく最近になって、使う単位で冷凍するようになってくれるようになりました。
収納は、使うためのものなので、おなじものを(カテゴリー分け、同じ使い道のものなど)一カ所にまとめることは重要だけど、一つの容器に入れ込むことは、それほど重要じゃないと思います。

13-10-23 メンキーパー

13-10-23 メンキーパー02

パスタの業務用サイズ(3kg)でのまとめ買いをよくするのですが、これも最初の頃は、がんばって3kg全部が入る容器でやっていました。
パスタの長さの入るサイズで、3kgが全部入る容器って、おいそれとは無いもんです……。
そこで、無理してブックストッカーを転用していたのですが、かなり問題ありでした。
確かにパスタは収納できます。
だけど、パスタを入れた容器を収納はしにくかったのですw
あたまりまえのことですが、すごく使いづらかったんですよ。

パスタの収納容器って、ほとんどが縦に筒型タイプが多いのですが、

ネオキーパー めん・パスタケース

これを見つけたのです。
レビューにもあるように、パスタケースの縦置き筒型は、置き場所に困るんです。
このタイプだと、すごく楽です。
ついでに、うどんとそうめんも同じケースに収納。


13-10-23 ソフトバケツ-01

13-10-23 ソフトバケツ-02

もう一つ、台所で気になっていたのが、ゴミ問題です。
うちの母親は、やりくり・もったいない気質なので、ゴミも袋一杯になるまで詰め込みたがります。
そこは気持ちは分かりますが、夏場とかほんとに勘弁してほしいです。
こういう性質は、どう言っても無駄なので、ゴミの袋を小さくするのが一番無難な策じゃないかと思ったわけです。

我が家の場合、ど田舎の農家でもあるので、生ゴミについては自宅敷地内での堆肥処理してしまえるので、野菜ゴミや残飯系のゴミはゴミ袋に入れません。
それだけでも、ずいぶんとゴミそのもの量が減るものですが、さらにプラ容器ゴミと燃やせるゴミを分けていて、今回問題なのは、燃やせるゴミです。

私個人としては、その都度、裏口土間にあるゴミステーションに持って行きたいところですが、なかなか自分以外の人間に強制するのは難しいのです。

結局、容器そのものを小さくして、台所で1~2日の間に出る燃やせるゴミの量に見合ったサイズにしてしまえば、いやでも捨てに行く理由ができます。

ということで、ホームセンターでソフトバケツというやつを買ってきました。
最初は100均の適当なプラ容器を探そうかと思ったのですが、あえてソフトバケツにしました。
上側がガバッと開いているので、ゴミを入れるのが楽なことと、夕食の後片付けの後、ゴミの始末をした後、このバケツを台ふきんなどを洗うのに使いたいからです。

そして、最近になって実行しているのが、燃やせるゴミの自治体指定の袋を、今まで45リットルだったのを半分のサイズのものに変更したことです。
45リットルの袋だと、母親の行動パターンだと、満杯になってもう入らないというまで詰め込まないとゴミ出ししないのですよね……。

ゴミ袋は有料なので、母親の気持ちはわかりますが、そのために長期間ゴミが家にあるって、なんか違うと思うのですよ……。
ということで、お試しと説得して、半分のサイズのゴミ袋に変更したところですw
このまま、うまく説得してやっていきたいなあ。



Secret