上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい電子レンジがやってきて、お手軽・便利さに、技術の進歩を実感しています。

最初に一度だけ、新しい電子レンジでトーストを焼いてみました。
仕上がりは、まあ、普通?
時間は4分30秒くらい。
オーブン機能なので、レンジの筐体もそれなりに熱を持つ。

結論としては、使えなくはないけど、正直、食パン1枚焼くのに消費電力が割に合わないように感じられる。

ガステーブルを買い換えてから、魚焼きグリル(両面焼き)で、魚を焼かないという方針で、主にトーストなどに使っているのですが、こっちのほうが良いと思う。
だいたい2~3分でOK。
3分だと、キツネよりもタヌキ色になるけど、スライスチーズなんかをのせて、ピザトーストを作るときには3分。

実は我が家には、オーブントースターがある。
ホームセンターで買ってきた安物だけど、可も無く不可も無いシロモノ。
ガステーブルに付属の魚焼きグリルでパンをトーストするようになってから、このオーブントースターを使っていない。
ごくたま~~にお餅を焼いたりするくらい?

なにしろオーブントースターである。
電子レンジほどでかいわけじゃない。
置いといても問題ないけど、無くても問題ないように思えてきているw

壊れてもいない。
現役でどんどん使えますよ~ な元気さ。
これを使うときに、なんの不満もストレスもない素直な製品である。

片付け的な思考なら、「捨て」?
それとも、「トッテオコーゼ」?

以前なら、このどっちつかずな状態がイヤで、きっぱり、すっぱりと解決しないということにイライラしていたような。
4年やってきてみて分かったことは、物事には流れというものがあるということ。
受け身というのとは違うけど、流れに沿っていれば、どれほどの大物でも、驚くほど簡単に楽に手を離れたり、逆に手に入ったりする。

こういうのを、昔からの言い方では「縁(えにし)」というのでしょうね。

オーブントースターも、今はほとんど使っていないのですが、捨てなければならない理由はないし、取っておきたい理由は、「壊れていない」「もったいない」以外には微妙かも……。


さて、どうしましょうねえ。

と、ガスで焼いたトーストを食べつつ、気が済むまで眺めて考えてみようか。





Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。