先日のアクリルたわし編み編みで、微妙に「編みたい気分」むんむんなのを自制しつつ、今年の夏対策をチェック中。

今年の対策ポイントは、ステンレス・マグボトル。
サイズは400mlくらいのもの。

ご近所の母親が親しくさせていただいている方で、子供も全部独立して、数年前に旦那さんも亡くなられ一人暮らしをされている。
一人になったので、本当に自分のやりたいように暮らせると笑っていらした。
その方が一人になってから始められた夏対策が、ステンレスのマグボトル。

これに、朝、冷たいお茶を入れたものを数本用意して(だいたい半日分くらい)、家の入口のそばの日陰に置いておくのだそうです。
そうすれば、農作業の途中で喉が渇いても、わざわざ長靴を脱いで座敷にあがって、台所までいって冷蔵庫を開けて~ とやらなくても済むので楽ちん。
そうして、また午後から冷たいお茶を入れておいて~ とやるのだとか。

冬場でも、熱いほうじ茶を入れておけば、ちびちびと飲めるので、手間無し。
出かけるときに、置いてあるボトルを1本、手提げに入れて行けばいいし、ほんとに便利だよ~ と仰っていました。
(旦那がいたら、こういうやり方ができなかったけどね……と仰っていたのはナイショw)

我が家にも、夏のお出かけ時に冷たいお茶を携帯したくて、400mlのマグボトルを人数分購入してある。
そうか、こういうのって普通に日常使いすればいいんだと、目からウロコ状態!!

ものは試しに、コーヒーメーカーで薄めのコーヒーを作って、マグボトルに入れて、仕事部屋の机の上に置いてみた。
一口二口と飲んでは、キュッとフタを締めて置く。
いままで真空マグを愛用していたけど、やっぱりそれもいつまでもは保温してくれない。
上がまるまるオープンなんだから、当たり前っちゃ当たり前w

でも、蓋付きマグボトルだと3~4時間は熱いままで楽しめる。
普通のマグだと、冷める前に飲もうとするので、どうしても飲み過ぎる感じ。

なによりも、ばたばたしていてもフタさえちゃんと締めてあれば、倒してもこぼれないのがいい!!
(長いPCとの付き合いの中で、何度かやって泣いたことも……)

外で農作業する母親のためにも、冷たいお茶と冷たいレモネード(蜂蜜とレモンで作ったやつ)を裏口に置いておくのはいいかもしれない。
お昼ごはんを食べた後に、入れ替えておけば、昼寝から覚めた母親が手間無しに飲めていいかもしれない。
もちろん、自分のためにもw

ホームセンターで有名メーカー品じゃないのでお安いのがあったので、4~5本くらいまとめて購入して実行してみようと思うのです。




Secret