上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の持っているコミックや雑誌、文庫本をデジタル化しはじめて4年以上になる。
ネット用語では、自分でデジタル化することを「自炊」というらしい。
自分でやるのだから、失敗も苦労も自己責任なんですが、決して楽なわけじゃない。
ただ本を捨てたくないからという理由だけなんですよね……。

本も読めれば良いものと、紙媒体で大事に持っていたいものと二つあると思う。
ビジネス本とか啓発本とか、今売れている有名人の本とか、いわゆる「鮮度が大事」な本は、数年で陳腐化するものが多い。
私が捨てた本の多くはそういうものが多かった。
こういうものこそ、電子書籍でさらっと読めたらいいのにねと思う。

IRCで本好きな人と話していて、電子書籍のことでいろいろと意見があった。
というのは、いま、手持ちの本をscanしてくれる業者が結構あるのだ。
商売としてそれなりに成り立つということは、みんな本の処理に悩んでいるのだろうなあ……。

この手の仕事は、著作権法の問題もあるので、送った本そのものは返ってこないのが一般的だ。
裁断したものでもいいので、手元に戻して欲しいという人もいる。
そういう話をしていて、どうせならその書籍を出版した出版社が電子化に対応してくれたらいいのにね という流れになっていった。
持っている本を送ったら、代わりに電子データを格安で売ってくれるとか。
もう、随分前から、出版は印刷のために原稿をデータ化するのは当たり前になってきているので、出版社がその気になってくれたら簡単にできそうな気もする。

さらに、コミックのwebレンタルみたいに、小説もアリじゃない? という案も出た。
会員登録して、PCやタブレット端末なんかで、ネット経由で読める方式にすると嬉しいよなあ。
まあ、ネット環境の充実している都市圏しか使えないかもしれないけど、出先でタブレット端末で気軽に本が読めたらいいな。

ついでに、もう一歩進んで、図書館もデジタル貸し出しすると良いかも! と。
メンバーカードをハードキー兼用のメディアにして、カウンターで読みたい本のデータを入れて貰い、貸し出し期間終了したら消去されるように設定できたら、予約待ちとか、返却とか気にしなくても良くならないかな。

まあ、妄想ではあるけど、いずれは実現してほしいなあ。


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。