レシピは、よほど気に入ったもの以外は本では買わないけど、ネットではアレコレ拾ってきては、プリントアウトしていたりする。
これも、油断すると溜まってしまうので要注意。

以前は、なんとなく、こういうレシピをたくさん持っているのが、「あたくし、出来る女なのよ♪」な気分だったんだろうと思うw
われながら、勘違いな赤面もの……orz

どんなにたくさんレシピを持っていても、自分や家族にとっては、それだけでは意味がない。
本当に持つ意味があるレシピは、作ってみて、食べてみて、我が家に、自分に合ったものだけ。
そう気づいてから、たくさんあったレシピ本や、プリントアウトしたものの大半は、介護施設で調理師をやっている従姉妹にあげた。
その中から使えるものを使ってくれればいいし、使えないものは捨てちゃって、と。

いまでも、ネットでレシピを探したりするけど、プリントアウトしたレシピは、必ず作って、食べて、次も作りたいと思ったもの以外は残さない。

もしかしたら、数年後にもう少しスキルがあがったり、状況が変化して、今は駄目だったものがOKになる可能性はあるけど、その時にはその時で、新しいレシピとの出会いがあるだろう。

母親が持っていた40年以上昔のレシピ本とか、今みても作りたいという魅力のカケラさえ感じないものが多いものw
食にも、その時代のその環境での流行りがあるんだなあと、わかってきたので、必要になったときに必要なものを探せるような手段と柔軟な考え方を持ち続けるほうが大事なんじゃないかと思う。




Secret