上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の秋、母親がご近所の人からほうれん草の種をもらった。
葉っぱ野菜は、買うのはいいけど、作るとそれなりの量ができるので、消費に困るので、ここ近年はレタス以外作るのをやめていた。

せっかくいただいたものだしと、種をまいたら、予想以上の出来の良さに消費が追いつかない。
ほうれん草だけで消費できる料理って、そんなにないし、おひたしとかすぐに飽きる……。
でも食べないと減らない……。

ある意味、贅沢な悩みでグルグルしていたのだけど、ふっと閃いた!
適当なタッパー容器に一杯分ずつ(3日分くらいを目途に)、ゆでてカットしておいて、汁物に後からお椀にトッピングすればいいんじゃなかろうか。
カットの仕方は、二通り。
おひたしみたいな大きさと、もう少し小さく1cmくらいのと。

お味噌汁にちょこっと、シチューにトッピングのようにパラパラと、豚汁やけんちん汁なんかにも。
パスタ作ったら、最後に彩り兼用でパラパラと。

さすがはほうれん草。
意外と、最後にトッピングすれば、味的には邪魔にならないし、鮮やかな緑がこの季節には嬉しい。
結構うまく消費できている。



Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。