「おばさんになってもキレイでいたい」というのは、よくあるフレーズ。

ちゃうちゃう、おばさんだからこそ、キレイにする努力が必須w

おばさん年令になると、ホルモンバランスやら、加齢による体力の衰えやら、生活環境でのストレスの度合いも変ってくるのだ。
仕事や、家族や、ご近所をはじめとする世間様との、様々なしがらみやらなにやら。
年を重ねるにつれて、経験値が増えたぶんだけ楽になるかというと、そうとも言い切れないのが悩ましい。

その結果、自分の体に様々なツケがでてくる……(苦笑
一番、誰でもわかりやすいのが肌でしょうねえ。

自分の肌が気になるお年頃になってから、いろいろと試行錯誤してきたけど、結局、お高い美容液やらなにやらは、ほとんど効果がなかった。
お金のかけ方が足りなかったのか、それともお手入れの仕方が悪かったのかと悩んだ時期もありました。
色々と調べたりしてきて、あれ? と思うことが出て来た。

それは、ズバリ、本当に肌って栄養とかを吸収するの?

皮膚の構造的に、そういう機能があるようにも思えないし……?

Dr.きよ子 キレイの常識・非常識


⇒カサつく冬の肌を油分の入ったクリームで防げるのでしょうか?
冬は1年でいちばん肌の乾燥が気になる季節です。でも、油分の入った保湿クリームなどで肌の乾燥を安易に補うのは、かえって肌に負担をかけることに・・・。
ドクターきよ子が、その理由を詳しく解説します。

⇒事実を並べれば答えは見えてくる!

■冬は気温も低く、空気も乾燥しているうえ、暖房の影響で、肌の潤いが奪われやすい。
■肌の潤いは角質層の水分から生まれていて、健常な角質層は20~25%もの水分を含んでいる。
■角質層の水分の蒸発を防いでいるのは天然のヴェールともいえる皮脂膜である。
■つまり角質層と皮脂膜が正常であれば、肌は乾燥せず、潤いを保っていられる。
■油分の入った保湿クリームや乳液には界面活性剤を含むものが多い。
■界面活性剤は強力な浸透力で皮脂膜を溶かし、角質層を傷めてします。
■すると角質層の水分が蒸発しやすくなり、肌は、ますます乾燥しやすい状態になる。

油分で一時的に潤いを与えるのは逆効果。角質層を整え、内側から潤う肌にしましょう!




⇒浸透剤を使って皮膚に栄養成分を浸透させるのが、本当に良いこと?
ビタミンCなどの様々な成分を皮膚の奥深くまで浸透させることで、シミやシワが消えて若々しい肌が蘇るかのような化粧品が流行しています。
でも、それは肌にとって良いことなのでしょうか?

⇒事実を並べれば答えは見えてくる!

■皮膚は汗や皮脂を排泄する器官であり、外から栄養を吸収することはありません。
■肌の潤いは外から与える油分ではなく、角質層の水分によって生まれています。
■角質層と皮脂膜はバリア層と呼ばれ、肌を外の刺激や異物の侵入から守っています。
■栄養成分を皮膚に浸透させるためには、そのバリア層を壊さなければなりません。
■浸透剤(乳化剤)を使えばバリア層を壊して栄養成分を皮膚の奥へと浸透させられます。
■浸透剤も乳化剤も界面活性剤の一種であり、石油系の物が化粧品に多く使われています。
■皮膚はたとえ栄養成分であっても外から侵入してきたものは異物と見なし、、拒否反応を起こします。



この2番目の部分に、はっとなった。
「乳化剤」って、化粧品の成分を混ぜ合わせて乳化させるためのものだと思っていたけど、本当は、皮膚の皮脂に対する「乳化剤」だったの?!

軟膏って、ほとんどが乳化剤が入っているし、だから母親が軟膏タイプのほとんどにかぶれるのか……。

浸透させるというのは、肌にとっては侵略されるようなものなのかなあ。

うーん、難しい……。
ま、とりあえず、肌に染み込む・浸透する・吸収するというような、化粧品のうたい文句は信じないほうがよさげ。




Secret