上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
専業主婦が社会に出たら、優しくして下さい

年明け早々、うはっ となるお話。

専業主婦だったけど、20年振りに社会復帰したというとぴ主。
派遣先で、自分の使っているPCが新規入れ替え対象になって、やり方の手順書を渡されて、自分でやらないといけない。

たまたま隣の人も同様の作業をするので、途中まで自分でやりかけていたのですが、手順書を見るより聞く方が早いと思って一つ一つ聞いて教えてもらっていました。
ところが、手順書の通りやっていても自分のパソコンとは違う所も出てきたりして<、よく聞くと「ここからここまでは割愛してよい」とかイレギュラーも出てきて、その内に手順書のどこをやっているか分からなくなり、1台やるのも2台やるのも一緒だろうと思って(今考えるとかなり図々しかったのですが)、「私の分もやって下さい」と隣の派遣社員に頼んだら、「自分でやるか社員に聞いてください」と言われてしまいました。



まあ、とぴ主の考え方については、賛否両論どころか、ほぼ賛同できないという手厳しい意見が多かったのですが……。

このとぴ主、いろいろと突っ込みどころはあるのですが、実は私も、このとぴ主の「隣の席の人」の立場の体験があります。

かなり前ですが、お勤めしていた所を辞めたときに、最近のPCスキルの現状を知りたくて、ハローワークの短期講座を受講したことがあります。
Excel、Word、パワーポイント、ホームページビルダー、ACCESSといった、Microsoft officeの基本的な使い方や、業務で必要になるレベルでのスキルという内容でした。
三ヵ月の短期だったのですが、最終的は、ExcelとWordの技能士試験に合格するというゴールがありました。

ほぼ、自分にとっては既知の内容だったのですが、そこここに独学では身につかなかったTipsもあって、個人的には、かなり有意義な講座だったと思います。

その講座を受講中、隣席の人が問題でした。
席は決まっていて、常にその人の隣。
前歴は存じ上げないのですが、PCはネット以外は興味がなかった様子でした。

授業が始まっても、ネット閲覧をやめようとせず、講師の先生の指示や話を聞いていない。
「○○してください。」
という指示が出て、初めてそれをやろうとしても、前提となる部分をまったく聞いていないので、その都度、隣席の私に聞いてくる。

最初は、分からないものは仕方ないよね と、ちゃんと教えてあげたりしていたのですが、そうなると余計に依存してくるようになった。
講師の先生も、相手が大人ですし、学校の授業じゃないので、どこまでもは注意しない。
最初に2~3回、注意して改まらないのなら、そのために時間を使って、ほかの受講者に損をさせることのないように、ほぼ放置になっていた。

何度も何度も、授業時間にその人に教えるために、自分の時間が削られる。
こっちだって、なかなか勉強になるなあと思って、真剣に聞いているのだ。

こういう講座の受講生には、いろんな人がいる。
いろんな職業経験を経て、ここに来ているのだ。

隣の人が、もう少し授業をちゃんとまじめに聞いて、自分で理解しようと努力してくれたのなら、その上でのヘルプコールだったり、質問だったのなら、気持ちよく手助けできたと思う。

自助努力」という言葉がある。
隣の席の人に足りなかったのは、今するべきことの優先順位の判断が間違っていたことと、「人に聞けばいい」「教えて貰えばいい」という姿勢だろうか。
無条件で人から教えて貰えるのは、学生や本当に新社会人の間だけだと思う。

講座の受講ならまだ良い。
これが、仕事をして報酬をもらう場でのことなら、キレると思う。
そこまで優しくなれないですw


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。