お金の勉強・・・大人の対応

要約すると、お財布の小銭の数をできるだけ減らしたいので、お釣りは500円玉を含むのが希望のトピ主。
だから、630円の会計だけど、千円札と100円玉×2の1200円をカルトンに置いた。
(1200円-630円=570円)

だけど、レジの人は、630円の会計だから1000円札で足りるのに、なぜ1200円?
お客さんが会計金額を勘違いしているのか、それともレジ打ちが間違っているのか……ハテナ? 状態。

双方、意思の疎通のない状態で、とぴ主のほうが折れて200円引っ込めて、ようやくレジ処理終了。
見ていた旦那が、とぴ主を「大人の対応」とねぎらったというお話しです。


コメントも、賛否両論のようですが、これを読んで正直、「????」となったw
630円になんで1200円?
1130円か、1030円でええやん と。

私個人としては、めんどくさいお客さんやなあと思うw
今時のレジスターは、最低でも機能として、入金金額を打ち込めば、お釣り銭の計算をしてくれます。
大きなお店なら、釣り銭を自動で出してくれるレジスターも普通になってきました。
こっちのほうは残念ながら、570円のお釣りであっても、たいていの場合は100円玉×5になっちゃうw

私もお財布に小銭ジャラジャラの、小金持ち状態は好きじゃないです。
とはいえ、レジの混んでいるときに小銭をちまちまと財布から出すのは、時間がかかるし、周りの早くしてよ! の視線プレッシャーもいやなものですw

正直なところ、単純に「500円玉が必要なので、これでお願いできないかしら」と、一言添えれば、すぐに解決した話じゃないかしらと思った。
察しないレジの人が駄目というコメントもあるけど、他人に望みすぎだと思う。

あと、こういう出し方って、なんだか日本独特のような話を聞きました。
余所の国では、絶対に余分にお金を持っていることを見せない・出さないとか。
下手をすると、本来は会計に不必要な200円は、チップと勘違いされたりするかも。

お会計のお金の出し方は、人それぞれの価値観もあるし、狙いもあるのでしょうけど、他人(たとえ家族であっても例外なく自分以外の人間という意味で)が、自分の考えを察してくれると思って行動すると、行き違いや、思わぬトラブルを招きかねないということを忘れないようにしたいなと思いました。

以心伝心なんて、ほとんどあり得ないものね……。



Secret